バレーボールの声だしについて

バレーボールの声だしについて

バレーボールは非常に勢いとか流れを重視するスポーツです。

 

チームが勢いをつけるために声を出したりすることを非常に重視するスポーツになっています。

 

ちなみに、試合中でも練習中でも声を出さないと監督や上級生などに怒られたりすることも少なくありません。

 

 

しかし、元々大きな声が出る人もいれば、出ない人もいるわけです。

 

そう考えると、元々声が小さい選手などは監督などに目を付けられることもあります・・・。

 

結局は怒られるんですけどね・・・。

 

 

あと、声だしは勢いをつけるためにやるのですが、人によっては「あいつが声を出さないから試合に負けた」とか言う人もいます。

 

この場合ですが、確かにそういう場合もあるかも知れませんが、多くの場合が他に問題があります。

 

確かに、試合に負けた原因を声を出していない選手がいたことを責めるのは簡単です。

 

 

しかし、ここで「お前が声を出さないから負けた」と責めると基本的に人間関係が悪化してチームが余計に弱くなったりします。

 

特に指導者がいないチームでよく起きる現象です。

 

特に、内向的な性格の人がターゲットになりチームメイトに責められることがほとんどと言えるでしょう。

 

 

この場合ですが、やる気を削がれたり、するのでチームの空中分解も起きると言えます。

 

それを考えれば、本体チームに勢いをもたらすはずの声だしが逆効果になることもあると言う事です。

 

あと、一説によると現在の男子バレーの世界は弱小化してしまったとされています。

 

 

その原因が一説によると、そういった根性論とか声を出すとか猛練習とかばかりを重視した結果だと言われる説があるわけです。

 

性格によっては声を出すのが苦手な人もいます。

 

そういうことも考慮して考える必要があるのかも知れませんね。

 

 

それでも、チーム全体が一つになるとバレーボールでは非常に強力なチームになります。

 

格下のチームが格上のチームに勝利をする場合がありますが、そういう時はやっぱりチームに勢いがあるでしょう。

 

でも、声だし以外にもチームに勢いを出すコツって実は存在します

 

 

当サイトでお勧めしている斉藤利さんのノウハウになるので私が言うわけにもいきません。

 

紹介出来なのがちょっと残念に感じますが、チームに勢いを生むためには重要なことです。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。