バレーボールと体罰について

バレーボールと体罰について

最近では、バレーボールに限らず体罰が問題になっています。

 

ここで問題があるのですが、どこまでが体罰になるか考えてみたいと思いました。

 

 

私の中学時代の先生

 

私の中学時代のバレー部の顧問の先生は非常に厳しい人でした。

 

プレーに失敗すれば、スリッパで叩かれたり蹴られたりすることも多かったのです。

 

もちろん、悪いプレーをして顔面をピンタされるなどかなりありました。

 

ここで問題があるのですが、バレー部の顧問の先生が私にピンタしたとします。

 

実際にあったのですが、これは体罰になるのでしょうか?

 

この場合は、私は体罰ではないと思います。

 

何故なら、私だけを集中的にピンタし下手なプレーは全て許さないのであればこれは体罰になるはずです。

 

しかし、選手全員を同じようにピンタしたりしているわけですから、これは暴力とか体罰にはならないと思います。

 

あと、選手とも比較的コミュニケーションも取れていたので暴力ではないと思いました。

 

私はピンタされたり蹴られたりしましたが、その先生を恨んだりもしていませんし、恨んだことなど一度もありません。

 

ただし、失敗した後に、叩かれると思って嫌な気持ちがあったことはあります。

 

よって、先生、監督、コーチが全員を平等にピンタしたりしている場合は、体罰になりにくいと思った次第です。

 

 

厳しい先生の方が強いチームになる?

 

中学生などでよくあるのですが、強いチームってほとんどの場合で顧問の先生が厳しいことが多いのではないでしょうか?

 

実際に、私のいた地区でも、毎年上位になるチームは厳しい先生が多かったのです。

 

強い学校でも厳しい先生がいなくなると弱小チームになってしまうこともよくありました。

 

そのことから、チームが強くなるためにはある程度の厳しさは必要かと思います。

 

ただし、度が過ぎたことをしてしまうと体罰になるので気をつけましょう。

 

しかし、全体的に考えて中学生や高校生だと厳しい先生のチームの方が全体的に強いチームになることが多いです。

 

でも、普段は厳しい先生が大会を優勝したことで、喜ぶ顔や選手をねぎらう所をみると頑張った甲斐があった気もします。

 

 

 

どこまでが体罰なのか?

 

どこまでが体罰なのか?ですが、線引きをすることになるかと思いますが、人によって体罰のラインは違うでしょう。

 

人によっては、ピンタされた位では体罰じゃないと言う人もいますし、人によっては少し触ったくらいでも体罰になるでしょう。

 

この辺りは感覚の違いがあるので、どこまでが体罰かを決めることは出来ないかと思います。

 

曖昧な回答で申し訳ないのですが、やられる方の我慢強さや教師の方の愛情の深さなども体罰かどうかは違ってくるはずです。

 

ただし、チームを強くしたくて、選手をたたいたりするのは体罰にならない場合が多いかと思います。

 

しかし、アイツは気に入らないなどの理由で、殴ったりしたら間違いなく暴力だと思いました。

 

以前に、テニスの松岡修造さんの動画を見ていたら、松岡さんが小学生を怒鳴っていたわけです。

 

これはあくまで相手のことを思って言っていることが分かりました。

 

この場合は、体罰にはなりにくいと思います。

 

よって、チームを強くする場合にもただ叩いて厳しくすればいいと言う物でもないでしょう。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。