バレーボールのオポジットの役割

バレーボールのポジションのオポジット

バレーボールのポジションではオポジットと呼ばれるものがあります。

 

実際にはライトに配置されることが多いのですが、どのようなプレーヤーになるのでしょうか?

 

解説いたします。

 

 

オポジットとは

 

オポジットと言うのは、別名としてスーパーエースとも呼ばれています。

 

ナショナルチームであれば多くのチームで配置されています。

 

レフトではなくセッターの対角であるライトに配置されることが多いです。

 

ただし、ナショナルチームであっても、オポジットを採用していないチームもあります。

 

このポジションの選手は基本的にレシーブを行いません。

 

完全にスパイク専門の選手と言ってもよいでしょう。

 

さらに、後衛になった時はバックアタックなども行うことを望まれます。

 

つまり、レシーブをせずに完全攻撃重視のポジションと言えるでしょう

 

スパイク力があればそれでいい的な選手のことです。

 

 

オポジットとバックアタック

 

オポジットはもちろん、攻撃中心の選手なので後衛に行ったらバックアタックを打てないと話になりません。

 

バックアタックはもちろん、アタックラインよりも後ろから踏切り打つスパイクです。

 

オポジットのフォーメーションの対角はセッターになっていることが多く、セッターが前衛に行った時にライトからバックアタックを打つのが普通です

 

利便性などの関係からオポジットは基本的にライトからスパイクを打ちます。

 

ライト側の攻撃が手薄にならないためにも、ライトからのバックアタックが望まれるわけです。

 

もう一つの原因としてバックアタックの場合は右利きでもライトの方が打ちやすいとも言えます。

 

 

多くのチームでオポジットを置かない理由

 

日本でトップクラスのチーム以外ではオポジットを置かない事がほとんどです。

 

何故、置かないかというと、オポジットを置くほどの攻撃的な選手がまずいないからと言えます。

 

中学生などで、身長が高い選手が一人しかいない場合があるわけです。

 

この場合は、センターエースにしてさらにオポジットとして使う場合もあります。

 

しかし、ほとんどの場合が体力的な問題からオポジットを置けない場合がほとんどと言えるでしょう。

 

バックアタックを完璧に決めるなどは、身体的にも高い能力が求められるので難しいと言えます。

 

オポジットの選手は身長や高さ、腕力、力強さなどのチームでも圧倒的な存在感が無ければいけません。

 

中学生や高校生やアマチュアの社会人チームでは、無理しておく必要もないでしょう。

 

それよりは、エースの2枚を育てる方針の方がよいです。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。