バレーボールのライトの役割

バレーボールにおけるライトの役割

バレーボールにおけるライトの役割を紹介します。

 

ライトと言うポジション名で呼ばれることが多いのですが、チームによってはセッター対角と呼ばれることもあります。

 

セッターは多くのチームでライトに配置されるのですが、その対角にいるのでセッター対角と呼ばれるわけです。

 

ライトもセッター対角も名前が違うだけでポジションは同じです。

 

ちなみに、ナショナルクラスのチームになると、ライトがスーパーエースとかオポジットなどのポジションになりスパイク専門の選手になったりします。

 

しかし、一般的な中学生、高校生、社会人、体協などのチームではライトは補助的なアタッカーとしての役割が多くオールラウンドプレーヤーとしての役割が強いです。

 

 

ライトの役割

 

ライトの役割を考えてみて大事なのが、セッターが最初のボールを拾ったとします。

 

この場合ですが、セッターはトスを上げることが出来ません。

 

セッターの変わりにトスを上げるのがライトの役割と言ってもよいでしょう。

 

たまに、ライトの選手がセッター出身の場合があります。

 

その場合は、セッターが最初にレシーブしてしまっても、元セッターであるライトがクイック系のトスを上げることが出来るなど攻撃の幅が広がります。

 

そういうチームもたまに見かけますが、器用なチームにうつるわけです。

 

トスを上げる以外にも、役割としてはスパイクを打つ役割もあります。

 

 

ライトプレーヤーのスパイク

 

ライトプレーヤーのスパイクですが、ライトのオープンやCクイック、バックセミあたりが主流と言ってよいでしょう。

 

他にも、センタープレーヤーがAクイックで入りライトプレーヤーが普通のセミで入るなどの時間差攻撃を多用しているチームもあります。

 

レフトの選手の前にボールが上がりトスを上げる場合などは、ライトのオープンになることが多いわけです。

 

そういう場合もしっかりと打ち抜くようにした方がよいでしょう。

 

 

ライトに適した選手

 

一般的にライトに適した選手はオールラウンドプレーヤーがよいとされています。

 

スパイクなどもレフトやライトの補助的な役割が強いからです

 

さらに、セッターの代わりにトスを上げなければいけない役割もあることから、平均的にすべての能力が高い方がよいでしょう。

 

それが一般的にライトに適した選手と言えます。

 

ただし、スーパーエースとして置く場合は、バックアタックなどもこなす必要があるので、スパイク重視のプレーヤーが望まれるわけです。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。