バレーボールとセンターセッターについて

バレーボールにおけるセンターセッターとは

センターセッターとは

 

現在のバレーボールでは、ライトにセッターを配置しておくのが普通です。

 

そちらの方がクイック系の攻撃を使いやすいなどのメリットがあります。

 

しかし、一昔前ではセンターセッターと言うのが主流でした。

 

セッターをセンターに置きブロックの中心もセッターがやるという方法です。

 

しかし、現在ではほとんど見られなくなりました。

 

 

センターセッターが使われなくなった理由

 

センターセッターが使われなくなった理由ですが、攻撃が単調になりやすいことでしょう。

 

基本的にセンタープレイヤーが後衛にいる時はAクイックやBクイックなどは使いません。

 

ライトプレイヤーがCクイックなどに入る場合はあります。

 

それを考えると、オープン、ライトだけの単調な攻撃になりやすく相手チームのブロッカーにも楽をさせる結果になるわけです。

 

それを考えると、センターセッターを使うチームが少なくなり、代わりにライトにセッターを置きクイック系のスパイク要員を必ずおくライトセッターが主流になりました。

 

他にも、ライトがクイックに入る場合でも、一般的に右利きの選手が多いので、CクイックやDクイックに入るよりもAクイックやBクイックの方が威力のあるスパイクを打てます。

 

それを考えると、センターセッターよりも多くの場合が、ライトセッターにした方がフォーメーション的にも有利ですし、レフトの選手がスパイクを打つ場合にも楽が出来るはずです。

 

 

センターセッターにした方がよい場合

 

もちろん、センターセッターにした方がよい場合もあります。

 

例えば、チームで身長の高い二人が左利きだったとします。

 

さらに、身長が高いセンタープレイヤーがいてレフトには、ジャンプ力の高い右利きの選手がいる

 

そして、セッターの選手もそこそこ背が高くブロック力もあるような贅沢なチームの場合であれば、センターセッターでも構わないでしょう。

 

しかし、こういう場合は少ないので、上を目指すのであればライトセッターに変えていくべきかと思います。

 

チーム状況の応じて、指導者の方でよく考えてフォーメーションは決めてくださいね。

 

それでも、フリーポジションを採用して全国大会に行ったチームもありますので、メリットとデメリットをよく考えて決めて欲しいと思います。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。