バレーボールにおけるセンターエース

バレーボールにおけるセンターエースとは

バレーボールではセンターエースと言う言葉があります。

 

ポジションと言うか、戦略と言ってもよいでしょう。

 

簡単に言えば、センタープレイヤーがレフトの役割もこなすと言うことです。

 

ブロックする時は、センターの位置でプレーをしてブロックの中心選手になります。

 

そして、スパイクを打つ時はレフトに開きレフト(エース)の役割とするという事です。

 

 

何故、センターエースを採用するのか?

 

センターエースを採用するにあたってやはり、チームに小柄な人が多く大柄な選手が一人もしくは、2人しかいない場合が多いです。

 

多くの場合が、強力なスパイクを打てる選手が少ないので苦肉の策になっている場合が多いと言えます。

 

チームによっては、大型の選手が一人しかいなくて後衛に行った時はバックアタックまでこなせる選手もいる位です。

 

中学生の男子では、1人だけ大きい選手がいると、そうなる場合も多いと言えます。

 

 

センターエースのメリット

 

バレーボールにおけるセンターエースのメリットですが、デメリットばかりが映るような気がしますがメリットもあります。

 

それは爆発力がある場合があるのです。

 

1人のワンマンチームになると、後衛でもバックアタックをこなすなど完全にオポジット化(スパイク専門)している場合があります。

 

他のプレイヤーは基本的にボールを拾う事が多いです。

 

たまに、間髪を塗ってクイック攻撃がありますが、基本的にセンターエースのプレイヤーがスパイクを打ちます。

 

実際にあった話なのですが、チームで一人しか大きい選手がいなくて、その選手がその日、絶好調で大爆発してしまい全国大会に出場したチームを地区予選で破るという快挙がありました。

 

他の身長が低い選手はスパイクを拾いまくり、センターエースの選手がひたすらスパイクを打つという状態が続いたわけです。

 

最終的には、センターエースのプレイヤーが力でねじ伏せてしまいました。

 

このように一人の爆発的なスパイク力とブロック力でチームを勝利に導くことがあるのです。

 

確実にスパイクを決められる選手が一人いるのであれば、その選手だけにスパイクを打たせた方が効率よく点を重ねることも出来ます。

 

 

センターエースのデメリット

 

センターエースのデメリットですが、その選手が絶不調になった時は悲惨な目にあいます。

 

スパイクがシャットダウンされてしまうし、弱気になってチームが悪循環に陥ってしまうでしょう。

 

1人がダメになったことで、チームが折れる場合も少なくありません。

 

全国制覇を目指しているのであれば、センターエースのプレイヤーがよほどのプレイヤーでない限りは無理だと思われます。

 

全国大会優勝チームがセンターエースを採用しているなんて聞いたことが無いからですね。

 

それでも、指導者であれば限られた資源でチームが勝つ最良の道を見つけなければいけません。

 

それを考えればセンターエースと言うのもバレーボールでは選択肢になるでしょう。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。