バレーボールのセンタープレイヤーの役割

バレーボールのセンタープレイヤーの役割

バレーボールにおけるセンタープレイヤーの役割を紹介します。

 

センタープレイヤーと言うのは、ポジション的に真ん中にいてブロックの中心選手になるはずです。

 

基本的にチームで一番身長が高い選手がセンタープレイヤーになっている場合が多いと言えます。

 

やはりブロックするには、ジャンプ力よりも背の高さが大事だからです。

 

 

センタープレイヤーの役割

 

センタープレイヤーの役割ですが、とにかくしつこいブロックが大事になります。

 

相手のセンタープレイヤーをマークするだけでなく、相手のレフトやライトの打つスパイクもブロックに参加しなければいけません。

 

相手のセッターのトスや相手のセンタープレイヤーの囮に引っ掛かっても、間に合わなくてもいいのでしつこくブロックに参加することが大事です。

 

特にブロックの中心選手になるので、相手のセッターのトスを読むことも大事になります。

 

この様にブロックの中心としての役割が多いです

 

 

センタープレイヤーのスパイク

 

バレーボールにおけるセンタープレイヤーのスパイクについてですが、クイック系のスパイクが多いです

 

A,B,C,Dクイックやセミクイック、バックセミなど比較的スパイクの種類は豊富と言えます

 

ただし、多くのスパイクがセッターにしっかりとボールが返らないと使えないスパイクが多いです。

 

よって、スパイクの中心と言うよりは、ブロックの中心選手になっていることが多いと言えます。

 

センタープレイヤーの動きですが、レフトやライトのアタッカーに楽して打たせるために囮になる必要があるわけです。

 

あと、センタープレイヤーは前衛の場合は真ん中に配置されているので、慣れてないと動きが上手く出来ない事も多いと言えます。

 

この辺りは練習で動きを覚えれば何とかなる部分です。

 

 

センタープレイヤーに向いている選手

 

センタープレイヤーにも向き不向きがあります。

 

まず、特別な場合を除いてネットから手が出ない選手は無理と言えるでしょう

 

ブロックの中心にならなければいけないのに、ネットから手が出ないのでは話になりません。

 

基本的に背が高い選手が望まれます。

 

バレーボールにおいて一番身長を重視されるポジションと言えるでしょう。

 

ただし、先のお話しした通りセンタープレイヤーのスパイクは範囲が狭いと言えます。

 

よって、センターに配置された選手が最もスパイク決定率が高い場合はセンターエースも考えた方がよいでしょう。

 

ポジション決めは迷うところですが、レフトはスパイク決定率、センターはブロックというのが明らかに分かればポジション決めも楽になるんですけどね。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。