バレーボールのレフトの役割

バレーボールのレフトの役割について

バレーボールにおいてレフトと言うのは、エースとも呼ばれて非常に花形ポジションになります

 

何故なら、スパイクの中心選手になるからです。

 

オープンや平行などのスパイクやセンタープレイヤーがAクイックなどで囮に入りブロッカーを引きつけておいてのセミを打ち時間差攻撃などもあります。

 

このように花形ポジションです。ただし、全日本などの代表チームになると、「スーパーエース」と呼ばれるのが主流になっています。

 

スーパーエースと言うのは、セッター対角のライトのポジションです。

 

さらに、レシーブは基本的にやらなくて、スパイクだけに専念するオポジットなども最近では珍しくありません。

 

しかし、中学生や高校生、社会人のチームでは基本的にレフトの2人が攻撃の主流になっています。

 

役割なども十分に覚えておいてくださいね。

 

 

レフトの役割

 

バレーボールのレフトの役割を紹介します。

 

レフトポジションは主に、オープンと言う高いトスや平行、時間差攻撃のセミなどが主流な攻撃方法です。

 

何故、レフトが攻撃の中心になるかと言うと、センタープレイヤーのクイック系の攻撃はボールがセッターにきちんと返らないと使うことが出来ません。

 

レシーブが乱れた時の多くは、レフトもしくはライトに山なりのボールを上げないといけません。

 

さらに、右利きの場合はライトよりもレフトからスパイクを打つ方が打ちやすい利点があります。

 

それを考えると、どうしてもレフトがスパイクの中心選手になるのです。

 

頼れる時のエースになりたいですね。

 

もっともスパイクを打つポジションでもあるので、スパイク決定率も求められるポジションです

 

ブロックが1枚しかない場合は、100%の決定率が欲しいと言えます。

 

 

レフトに向いている選手

 

バレーボールのレフトポジションに向いている選手ですが、出来れば身長が高くてスパイク決定率が高い選手がいいです。

 

たまにですが、豪快なスパイクを打つけど、中々スパイクを決めれない選手がいます。

 

体の向きと同じ方向にスパイクを打ってしまったりと、相手に簡単に読まれてしまう選手です

 

しかし、スパイクの速度はやけに早いなどの特徴もあります。

 

そういう選手であれば意外とライトにした方が活躍したりする場合も多いです。

 

レフトポジションであれば、求められるのはスパイク決定率と言えるでしょう。

 

球速度が早くても、決定率の悪い選手は存在しますので、監督やコーチであれば色々と試してみるのもよいと思います。

 

あと、真面目過ぎるとプレッシャーがあるので、ある程度、強心臓な選手もよいでしょう。

 

それでも、レフトポジションで重要なのはスパイク決定率です。

 

ブロックアウトでも何でもいいので、とにかくスパイクを決めれる選手でなければいけません。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。