バレーボールのブロックの手の形

バレーボールのブロック時の手の形について

バレーボールではブロックと言う技術があります。

 

相手チームのスパイクをネット付近でジャンプして食い止める技術です。

 

強いチームと言うのは、大概ブロックが強いもので、出来る限りブロックの人数を増やしている特徴があります。

 

前衛のセンタープレイヤーがブロックの中心になりますが、どのような手の形にすればいいのか解説いたします。

 

 

ブロック時の手の形について

 

何も考えずにテレビを見ていると、特にブロックの手の形などは考えずにジャンプしてブロックしているように見えるかも知れません。

 

しかし、ブロックの手の形は非常に大事です。

 

ブロックの形ですが、指に力を入れてボールに対して覆いかぶさるような形を作ります。

 

6人制のバレーボールではブロックにオーバーネットが無いので、しっかりと指に力をいれて壁を作ってください。

 

多分いないとは思いますが、グーとかチョキでブロックを行ってはいけません。

 

それも、チョキでブロックしたら指が突き指などの怪我をすることになるのではないでしょうか?

 

私もチョキのブロックだけはやったことがないので、何とも言えません。

 

グーと言うのもブロックする範囲が狭くなりますし、跳ね返ったボールがどこに飛んでいくかが分からないので止めた方がよいでしょう。

 

話を戻しますが、手の平の形はパーでなければいけません。

 

少しでもブロックの幅を広げるためには、大きく開いて欲しいです。

 

そして、力を入れて食い止めて欲しいと思います。

 

 

ブロックで大事なこと

 

もちろん、手の形もブロックにおいては大事ですが、どんなに整った手の平もブロックのタイミングが合わなければ意味がありません。

 

相手のスパイカーがボールをミートした瞬間に完璧に整った手のひらのブロックで着地するところだと全く意味がないのです。

 

タイミングなども気を付けてプレーするようにしてください。

 

でも、強いチームと言うのはほとんどの場合で、ブロック力があるチームとも言えます。

 

相手チームのセッターやクイッカーの選手に振られてしまっても、ブロックは食らいついていくことが大事です。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。