バレーボールのブロックのコツ

バレーボールのブロックのコツ

バレーボールのブロックのコツについて紹介します。

 

ブロックと言うと、ただ単に手を万歳してジャンプするだけと考える人もいるでしょう。

 

しかし、バレーボールにおいてブロックはかなり重要でなくてはならないプレーの一つになります。

 

特にセンタープレイヤーはブロックの中心選手でなければなりません。

 

 

 

ブロックが無いとバレーボールはどうなるか?

 

ブロックのコツを紹介する前に、ブロックが無いとバレーボールはどうなるか考えてみたいと思います。

 

最初に言えることは、ブロックがないとバレーボールは下らないスポーツになると言うことです。

 

例えば、ノーブロックで真下に落とすようなスパイクであればほぼ100%取ることは出来ないでしょう。

 

どんなにレシーブが上手い選手でも恐怖があるはずです。

 

クイック攻撃も必要なく、とにかくセッターがネットの近くにボールを上げてスパイカーが真下にボールを叩きつけるだけのスポーツになってしまいます。

 

しかし、ブロックがあればネットに近いボールのスパイクはほとんどがブロックでシャットアウトされてしまうはずです。

 

他にも、ブロックがあるからスパイクコースを限定出来るのでレシーバーも拾うことが出来ると言えます。

 

つまり、バレーボールではブロックが無ければゲーム性が全くないものになってしまうはずです。

 

そういう意味でも、ブロックと言うのは非常に重要です。

 

 

ブロックのコツ

 

ブロックのコツを紹介します。

 

コツを教えるのにいくつか解説しますが、6人制のバレーボールのルールではブロックにオーバーネットはありません。

 

しかも、ブロックに当たったのは1回に加算されないルールがあるので、そのルールは最低限知っておいてください。

 

ブロックのコツとしては、まずタイミングがあります。

 

タイミングと言うのは、感覚やスパイカーの瞬発力などでも変わってくるので一概には言えません。

 

自分でブロックのタイミングを掴むしかないでしょう。

 

あと、ネットから手がほとんど出ない場合などは、手を押し出そうとするとタッチネットの危険があるので手を沿って上に向けるような構えも有効な場合もあります。

 

しかし、理論的にスパイクと言うのは、上から下に打つものなのである程度の高さがあれば簡単に上から抜かれるなどは無くなります。

 

もう一つ大事なのが、クイック攻撃などで読みが外れても手が出なくてもいいのでしつこくブロックに食らいつくことです。

 

これが大事と言えるでしょう。

 

ブロックのコツは間に合わなくてもしつこくやる事が大事です。

 

諦めずに食らいつくことを忘れないでください。

 

相手のスパイカーにプレッシャーを与える意味でも、手がほとんど出ていなくても飛ぶ必要があります。

 

特にセンタープレイヤーは諦めずに食らいついて行ってくださいね

 

ブロックは重要なプレーで一つのブロックでチームが勢いに乗ることも少なくありません。

 

バレーボールにおいてはブロックはかなり重要なチームです。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。