バレーボール・ジャンプサーブの打ち方

バレーボールにおけるジャンプサーブの打ち方

バレーボールにおけるジャンプサーブの打ち方を紹介します。

 

打ち方の解説をする前に、ジャンプサーブとはどのようなサーブなのか解説します。

 

 

ジャンプサーブとは

 

ジャンプサーブとはスパイクサーブとか、ジャンピングサーブとか呼ばれている方法です。

 

最も取りにくく破壊力があるサーブと言えるでしょう。

 

打ち方に関してですが、ボールをちょっと高めに上げておいてスパイクを打つようにしてジャンプして打ちます。

 

口で説明をすると簡単ですが、ボールのトスの上げ方や打ち方のタイミングの取り方など、難しいものがあるのです。

 

スポーツはみんなそうですが、口で言うのは簡単プレーするのは難しいと感じる場合もあるでしょう。

 

それでも、ジャンプサーブと言うと、難しそうなイメージがあるかも知れませんが、絶対に出来ないようなサーブではありません。

 

尚、強力なジャンプサーブを打てるようになると、学校のクラス対抗バレーボール大会では、無敵状態になる場合があります。

 

何故なら、強力なサーブを素人が取るのは大変難しいからです。

 

しかし、場合によっては「校内のバレーボール大会で出すサーブじゃない」などの文句が出る場合も少なくないでしょう。

 

大人げないと後ろ指を指されることもあると思うので、そこは気を付けてください。

 

 

二つのジャンプサーブ

 

ジャンプサーブには主に二つの種類があります。

 

それらの違いなどを解説します。

 

 

ドライブ系

 

ドライブ回転を掛けて打つジャンプサーブです。

 

思いきり威力のあるサーブで素人は取るのが困難と言えるでしょう。

 

ドライブをしっかりとかけるようにするのがコツです。

 

少しずつでもいいので、ドライブを意識して打つようにしてください。

 

ドライブをかけずにやると、威力は半減すると言ってよいでしょう。

 

 

無回転系

 

ジャンプサーブも無回転で打つ場合があります。

 

無回転なのでボールが変化するのが特徴です。

 

変化球サーブと言ってもよいでしょう。

 

春高バレーなどを見ていると、ジャンプサーブですが、軽く打っているサーブがあるかと思います。

 

一般の人が見ると、なんであんな打ち方をするんだ?

 

普通に、フローターで打った方がマシじゃん。意味あるの?と感じる人もいるはずです。

 

しかし、ボールがちゃんと無回転になっていてジャンプした分だけボールを打つ場所が変わったりするのでちゃんと意味のあるサーブになっています。

 

というよりも、全国大会などでは無意味なサーブを打ったら監督は激怒するでしょう。

 

一見すると意味のないようなプレーでもちゃんと意味があるので、それを考えたり調べたりするのは大事です。

 

 

ジャンサーブの打ち方について

 

ジャンプサーブの打ち方ですが、慣れという物が大きいです。

 

ボールを持っていきなり完成系のジャンプサーブを打つよりは、少しずつボールの高さを合わせていくとか、まずはドライブだったらドライブをかけるなど、力まずに打つことから始めましょう

 

ジャンプサーブみたいなサーブは、体に無駄に力が入ると絶対にいいサーブは打てません。

 

あと、最低限、ジャンプサーブを打つだけの筋力があることが大事です

 

サーブなので、成功率50%位では実践では使えません。

 

サーブで1点取って、サーブミスで1点、相手チームにプレゼントしていては話になりませんからね。

 

焦らず少しずつタイミングを合わせて、毎日、練習をすることが大事です

 

サーブは入れることが一番大事。これを忘れないでください。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。