バレーボールの魔球サーブ

バレーボールにおける魔球サーブ

バレーボールで、何とかサーブで大量得点を狙いたい。

 

サービスエースが取れるサーブを打ちたいと考える人も多いでしょう。

 

魔球とは人によっては、無回転サーブを思い起こす人が多いかと思います。

 

確かに、無回転サーブは変化球サーブとも呼ばれていて、ボールが変化しながら相手コートに行くわけです。

 

しかし、ここで魔球サーブとして紹介するには一般的過ぎるかと思いました。

 

魔球と言うからには、もう少し常識を覆したサーブを紹介したいと思います。

 

ただし、このうち方は私は威力があり強力なサーブになるかと思いますが、指導者によっては怒られる可能性もあります。

 

簡単に言うと、「そんなサーブ誰が教えたんだ!!」となるはずです。

 

しかし、指導者の方が見ているのであれば、自身でもやって威力を体感して欲しいと思います。

 

 

魔球サーブの打ち方

 

私が提唱する魔球サーブですが、フローターで打ちます。

 

普通は手の形は、パーの様な形で打つのが普通です。

 

これをあえて、手の形を「グー」にしてゲンコツを作ってサーブをします。

 

打ってみると意外とボールに威力が出るのが分かるかと思います。

 

普通の掌の形よりもグーのゲンコツ握りの方が硬くて、バレーボールにインパクトの瞬間に力が入るからだと思われます。

 

さらに、そのサーブをボールの芯で打つようにしてください。

 

バレーボールにおいて魔球サーブの目指すところは、無回転で威力があるサーブを打つところです。

 

威力があり尚且つ、若干の変化も期待出来るサーブを目指すわけです。

 

普通のフローターサーブの打ち方でサーブが入らないような人でも、ゲンコツサーブだと入る方もいます。

 

この魔球サーブも時間があればマスターしてみてください。

 

ただし、このうち方は常識に反しているところもあり、監督やコーチに叱られる可能性も否定できません。

 

グーでサーブを打てと言う指導者はまずいないからです。

 

 

さらに進化した魔球サーブ

 

これを完成させた人を未だに見たことがありませんが、ジャンピングサーブでゲンコツでの打ち方をしてさらに威力を増すようにします。

 

多分ですが、これで無回転が加わればかなり威力があるサーブになるはずです。

 

ただし、最初にお話ししたように完成させた人を見たことがありません。

 

あと、この魔球サーブは威力がありサービスエース狙いのサーブなので、コートに入る確率は低くなるはずです。

 

よって、あと1点取られれば負けるような場面で、このサーブを使い試合が終了する可能性もあります。

 

それを考えると、場面を考えて使う必要があるのではないでしょうか?

 

あと、やるならやるで中途半端にやらずにしっかりと練習することも大事でしょう。

 

それが出来ないと試合で使えるサーブではなくなってしまいます。

 

この魔球サーブには賛否両論ありますが、威力はあるサーブが打てるはずです。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。