バレーボールのサーブが入らない

バレーボールでサーブが入らない人へ

バレーボールでは、サーブが入らないと致命的です。

 

特に現在のバレーボールはサーブミスでも相手に1点が入ってしまいます。

 

つまり、あと1点で負けるという状態になった時に、あなたがサーブを外せばチームは負けると言うことです。

 

そういう場面では、上手い選手でもプレッシャーがかかると言えるでしょう。

 

あと、1点で負けるところでのサーブミスは人生の汚点とも考えられます。

 

そういう意味でも確実に入れることが出来るサーブは必要と言えるでしょう。

 

 

サーブを入れる事は可能です。

 

サーブを入れるコツですが、入らない人の一つのパターンとして腕力がない場合があります。

 

しかし、多くの人が腕力が無くても全身のバネをしっかりと使うことで入るようになるのです。

 

正確に言うと、すべての筋力を出し切らなくてもサーブは入ります。

 

さすがに幼稚園児は難しいかも知れませんが、中学生の女の子やママさんバレーをやっている女性の方でもサーブを入れることは可能です。

 

ここから先は、どうしてサーブが入らないか確認していきたいと思います。

 

 

しっかりとミートしていない

 

サーブが入らない理由ですが、一つの原因としてボールがちゃんと手に当たっていないというのがあります。

 

サーブが入らないバレーボールの選手であっても、ちゃんとミートさえ出来れば多くの場合がサーブは入ります。

 

無理してフローターで打たずに横から打ってサーブを入れても構いません。

 

サーブを入れることが大事だからです。

 

うまくミート出来ない理由ですが、一つのパターンとしてボールを自分の手でトスする時に、無駄に高くボールを上げ過ぎている場合があります。

 

サーブは入れるだけであれば、無理して高く上げる必要もありません。

 

完全に下からサーブを打つのであれば、ほんの少しだけボールを上げてすぐに打つだけでもサーブを入れることは出来るでしょう。

 

あと、ボールをしっかりと見て力強く打つようにすれば確実にボールは入ります。

 

 

フローターサーブが入らない

 

人によっては、フローターサーブが入らないと言う人がいます。

 

この場合ですが、肩が弱いのに無理してフローターでサーブを打とうとしている場合が多いです。

 

しかし、体がなれて来ればフローターでも十分に入るようになります。

 

基本的にバレーボールのサーブを進化させていくには、最初はアンダーハンドサーブで下から打っていき、段々とミートする場所を上の方にしていくのです。

 

ある程度、上の方まで行ったらフローターサーブに行く方がよいでしょう。

 

ただし、条件があり上から打つようなドライブサーブなどが得意であれば、むしろフローターにするよりもドライブサーブにした方がよいと言うことです。

 

最初の話に戻りますが、サーブを言うのは絶対にはずせない時があります。

 

そういう時のために、100%の確率で入るようなサーブは確実に覚えておいてください。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。