バレーボールのフローターサーブのコツ

バレーボールのフローターサーブのコツ

フローターサーブとは

 

バレーボールのおけるフローターサーブとは、スパイクを打つようなフォームで上からスイングしてサーブを打つことです。

 

スパイクの様にジャンプしたりはしません。

 

地面に足を着けて打つサーブです。バレーボールではよく使われるサーブと言ってもよいでしょう。

 

中学生では横から打っていた様な選手でも高校生になり体力がついてくるとフローターサーブにフォームを変えてしまう選手も少なくありません。

 

高校生になると大半の選手がフローターサーブになっているはずです。

 

ここではフローターサーブのコツを紹介します。

 

 

 

フローターサーブの利点

 

フローターサーブの利点ですが、アンダーハンドサーブに比べるとコントロールが付きやすいなどがあります。

 

しかし、フローターサーブはどうしても肩の力で打つようなサーブなので肩が強いことも条件でしょう。

 

フローターサーブで打ったけど、相手のコートに入れるのが精一杯の選手であればアンダーハンドサーブで打った方がよいでしょう。

 

このサーブを使いこなすには、肩の強さが必要と言えるでしょう。

 

コツ以前に肩の筋力がある程度発達していることが条件です。

 

 

 

フローターサーブを無回転で打つ

 

フローターサーブである程度のコントロールが付くのであれば次は無回転で打ってみることをお勧めします。

 

無回転サーブの記事でもお話ししましたが、ボールを無回転にすることで自分でも思いもよらぬ方向に変化するわけです。

 

変化すればもちろん、相手も取りにくいと言えます。

 

特に素人などであれば勢いのあるフローターサーブと無回転サーブが組み合わされば中々サーブレシーブするのも難しかったりするのです。

 

無回転サーブのところでもお話ししましたが、フローターで打つ場合もボールを芯で打つことや打った瞬間に止めるような感じを意識してやってみてください。

 

ボールが回転すると言うことは、サーブが芯で打ててないことを意味します。

 

こういうのは自分で修正していく以外にありません。

 

しかし、フローターの無回転サーブは慣れれば簡単に出来るようになるはずです。

 

 

フローターサーブで気を付けること

 

フローターサーブと言うのは、肩が強い選手であれば威力がかなり出ることも可能です。

 

しかし、サービスエースを取ろうとするあまり、サーブが全然入らないチームをたまに見かけます

 

この様な場合は、サーブを決めるだけでなく、入れることも意識した方がよいでしょう。

 

サーブミスと言うのは、もっとも相手に楽をして得点が入るプレーでもあります。

 

そのため、一番やってはいけない部類のミスに入るわけです。

 

このことを頭に入れておいて欲しいと思います。

 

例えば、強力なフローターサーブで最初にサービスエースを決めたとしても、2回目がネットに引っ掛ったとします。

 

そうすれば、自分で1点取ってミスして相手に1点プレゼントしたようなものです

 

つまり、先ほどのサービスエースはチャラになってしまいます。

 

そのことを意識して、強いサーブと考えるだけでなく、入れることも学習した方がよいでしょう。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。