バレーボールの無回転サーブの打ち方

バレーボールにおける無回転サーブの打ち方とは

バレーボールでは、取りにくいサーブの一つとして無回転サーブが挙げられています。

 

打ったサーブが無回転だと、自分も思いもよらぬ方向に変化したりするわけです。

 

野球でナックルボールが魔球と呼ばれていますが、バレーボールでは無回転サーブが魔球になります。

 

女性であっても無回転サーブはマスターするべきでしょう。

 

サーブがまだ入ったり入らなかったりするような初心者の方では練習する必要はありません。

 

あくまでサーブが確実に入り、さらなる上のサーブを打つ人が覚えるべき技術と言ってもよいでしょう。

 

尚、無回転サーブの打ち方のコツを紹介する前に、どれ位使われているサーブなのか理解しておいてくださいね。

 

テレビでバレーボールの試合を見ても見方が変わるはずです。

 

 

無回転サーブはかなり使われているサーブです。

 

テレビだとボールが回転しているかまでは分かりにくいです。

 

しかし、かなりの頻度で使われているサーブとなります。

 

普通に軽くサーブを打っているように見えてもボールが無回転だったりするわけです。

 

あと、ジャンピングサーブなどで、ジャンプして軽く打っているような所を見たことがないでしょうか?

 

「あれってジャンプして打つ必要があるのか?」と感じる人も多いでしょう。

 

しかし、実際にはボールが無回転になっていたりするわけです。

 

打点の高い場所から無回転を打つことで、相手に取りにくくしているサーブの場合もあります。

 

他にも、女性の選手であっても、横から普通に打っているように見えても実は無回転だったりするわけです。

 

このようにバレーボールプレイヤーであれば是非とも覚えておいて欲しいと思います。

 

尚、ピンチサーバーなどであれば確実にマスターして狙った場所に打ち込めるようになって欲しいです。

 

中学生でもマスターして欲しいですし、高校などでは必須のサーブとも言えるでしょう。

 

 

 

無回転サーブの打ち方

 

無回転サーブの打ち方ですが、横から打っても、フローターで打っても、ジャンピングフローターで打っても構いません。

 

とにかくボールを芯で打つことが大事です。

 

あと、ボールが手に当たった瞬間に止める感じ、もしくは引く感じで打つと無回転になりやすいです。

 

ボールをよく見て芯を捕えるようにしましょう。

 

理論をあれこれ言っても、中々覚えることが出来ない微妙な感覚で打つのが無回転サーブとなります。

 

感覚で覚えるようにすれば、難しいという技術でもありません。

 

慣れが一番大事と言えるでしょう。普段のサーブ練習の時にも練習して欲しいと思います。

 

ちなみに、中学生のクラス対抗バレーボール大会位であれば、このサーブを持っているだけでかなり活躍が出来るはずです。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。