バレーボールのサーブのコツ

バレーボールのサーブのコツを紹介します。

バレーボールのサーブのコツを紹介します。

 

コツと言っても、色々なステップがあるので、初心者と上級者とではレベルが違うと言えるでしょう。

 

バレーボールの初心者でサーブのフォームも分からない人に、いきなり天井サーブを打てとか言っても無理というものです。

 

他にも、初心者にスパイクサーブを打てと言っても無理といえるでしょう。

 

しかし、サーブのコツはステップをよく理解することが始まりだと思います。

 

 

サーブのステップ

 

サーブを入れる

 

まず最初にコツになるのが、サーブを入れるということです。

 

初心者であれば、バレーボールではアンダーハンドサーブから始めるのが普通といえるでしょう。

 

アンダーハンドサーブと言うのは、ボールを浮かせたら下からサーブを打つことを言います。

 

サイドのスイングで打ちます。最初は山なりでもいいので、とにかく相手のコートに入れるようにしましょう。

 

そして練習を繰り返したら、100%確実に入るサーブになるようにしてください。

 

コツとしては、ボールをしっかりと見て打つことがコツです。

 

あと、無駄にたくさんボールを高く上げる必要はないので手にミートさせるようにしましょう。

 

絶対に入るサーブがあれば、サーブミスで試合が負けることはないでしょう。

 

ちなみに、肩の強い選手であればフローたーサーブでも構いません。

 

この時点では確実に入るサーブを打てるようになることが大事です。

 

 

コースを狙うようにする

 

確実にサーブが入るようになったら、次はコースを狙えるようになり、狙った場所に確実に打てるようになることが大事です。

 

そうなると、アンダーハンドサーブよりもフローたーサーブの方がコントロールをつけやすい場合があります。

 

その場合は、フローターサーブに変えても構いません。

 

サーブが確実に入るようになったら、コートの隅に落とせるようになったり、相手の嫌がる場所にサーブが打てるようになるのが条件です。

 

これだけでもある程度の強さのサーブが打てれば、相手にとってはかなり驚異になると言えるでしょう。

 

ちなみに、コートのアウトかインかのギリギリの場所に確実にボールが落とせるようになればすごいものです。

 

 

 

相手が嫌がるサーブを打つ

 

最後のステップとして相手が嫌がるサーブを打てるようになりましょう。

 

ここまでくればかなりサーブのコツを習得している状態です。

 

嫌がるサーブというのは、無回転で相手のコートに飛んでいき変化するサーブやドライブサーブと言われているボールにドライブ回転をかけたサーブなどです。

 

ジャンプしてサーブを打ち相手に威力のあるサーブを打ち込んだり出来るようにします。

 

狙った場所に確実に打てるようになり、さらに嫌がるサーブが打てれば、サーブだけで何点も取れることもあるでしょう。

 

普段のサーブ練習の時にも自分がどのレベルにあるかを確認して、目的にあったサーブを打つことが大事です。

 

それでも、最大のサーブのコツは入れることだと言えます。

 

バレーボールで最も楽に点が入るのが、相手チームのサーブミスです。

 

次に楽に点が入るのが、味方のサービスエースでしょう。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。