バレーボールのサーブ

バレーボールのサーブについて

バレーボールにおいてサーブは重要なプレート言えるでしょう。

 

特にサーブミスで試合が終わるほど情けないものはありません。

 

昔のサーブミスは得点が入らずにサーブ権が移動するだけのルールであれば、サーブミスで試合が終わることはありませんでした。

 

しかし、現在のラリーポイント制が普通になったルールではサーブミスで試合が終わることが普通にあるのです。

 

中学生とか高校生とかで最後の大会で、あなたのサーブミスで試合が終わってしまったら一生の汚点になることも考えられます。

 

そうならない為にも、確実に入るサーブだけは絶対に持っていないといけないでしょう。

 

バレーボールのサーブ記事一覧

バレーボールのサーブのコツ

バレーボールのサーブのコツを紹介します。コツと言っても、色々なステップがあるので、初心者と上級者とではレベルが違うと言えるでしょう。バレーボールの初心者でサーブのフォームも分からない人に、いきなり天井サーブを打てとか言っても無理というものです。他にも、初心者にスパイクサーブを打てと言っても無理といえ...

≫続きを読む

 

バレーボールの無回転サーブの打ち方

バレーボールでは、取りにくいサーブの一つとして無回転サーブが挙げられています。打ったサーブが無回転だと、自分も思いもよらぬ方向に変化したりするわけです。野球でナックルボールが魔球と呼ばれていますが、バレーボールでは無回転サーブが魔球になります。女性であっても無回転サーブはマスターするべきでしょう。サ...

≫続きを読む

 

バレーボールのフローターサーブのコツ

フローターサーブとはバレーボールのおけるフローターサーブとは、スパイクを打つようなフォームで上からスイングしてサーブを打つことです。スパイクの様にジャンプしたりはしません。地面に足を着けて打つサーブです。バレーボールではよく使われるサーブと言ってもよいでしょう。中学生では横から打っていた様な選手でも...

≫続きを読む

 

バレーボールのサーブが入らない

バレーボールでは、サーブが入らないと致命的です。特に現在のバレーボールはサーブミスでも相手に1点が入ってしまいます。つまり、あと1点で負けるという状態になった時に、あなたがサーブを外せばチームは負けると言うことです。そういう場面では、上手い選手でもプレッシャーがかかると言えるでしょう。あと、1点で負...

≫続きを読む

 

バレーボールの天井サーブって

天井サーブとはバレーボールでは天井サーブと呼ばれるサーブがあります。ちなみに、開発したのは猫田勝敏さんです。日本のバレーボール界で金メダルと取ったミュンヘンオリンピックのメンバーでもあります。この当時、猫田勝敏さんは、「世界一のセッター」とも呼ばれていました。最近、低迷している男子バレーですが、猫田...

≫続きを読む

 

バレーボールの魔球サーブ

バレーボールで、何とかサーブで大量得点を狙いたい。サービスエースが取れるサーブを打ちたいと考える人も多いでしょう。魔球とは人によっては、無回転サーブを思い起こす人が多いかと思います。確かに、無回転サーブは変化球サーブとも呼ばれていて、ボールが変化しながら相手コートに行くわけです。しかし、ここで魔球サ...

≫続きを読む

 

バレーボール・ジャンプサーブの打ち方

バレーボールにおけるジャンプサーブの打ち方を紹介します。打ち方の解説をする前に、ジャンプサーブとはどのようなサーブなのか解説します。ジャンプサーブとはジャンプサーブとはスパイクサーブとか、ジャンピングサーブとか呼ばれている方法です。最も取りにくく破壊力があるサーブと言えるでしょう。打ち方に関してです...

≫続きを読む

 

ママさんバレーはサーブが勝敗を分ける?

ママさんバレーをやっている方は多いでしょう。その中で大事なのはやっぱりサーブです。と言うか、チームによってはサーブが全然入らずに負けることも少なくありません。逆を言えば、サーブさえ100%入れば試合に勝てることもあります。確かに、高校生で大会を勝ち進むにはサーブだけでは勝つことは出来ません。しかし、...

≫続きを読む

 

ママさんバレーのサーブ順について

ママさんバレーで悩みと言えばやっぱりサーブ順とかでも悩むのではないでしょうか?この場合ですが、チームのレベルや相手チームの強さによっても変わってくると言えるでしょう。サーブがまったく入らない選手がいる場合は、その選手の負担を低くするために、サーブ順は最後になるようにしてあげてもいいでしょう。しかし、...

≫続きを読む