バレーボールのアンダーハンドパスのコツ

バレーボールのアンダーハンドパスのコツを紹介します。

バレーボールではオーバーハンドレシーブという技術があります。

 

オーバーハンドパスが、自分のおでこでボールを受けてパスをするのに対して、アンダーハンドパスは両手を組んで構えてレシーブをします。

 

相手チームがスパイクを打ってきた時にレシーブするのも多くの場合がアンダーハンドパスです。

 

人によっては、アンダーレシーブとかアンダーハンドレシーブとかいう呼び方をします。

 

略してアンダーと呼ばれることも多いです。

 

 

アンダーとオーバーのパスの違い

 

アンダーハンドパスとオーバーハンドパスの違いを紹介します。

 

コツを紹介する前に、オーバーとアンダーの違いを勉強しておきましょう。

 

ちょっと分かっている人であれば分かるかと思いますが、オーバーハンドパスは山なりのボールが相手から来たりした時に余裕を持ってセッターに返したりするときに使う技術と言えます。

 

おでこでボールを取れと言われたこともある人は多いでしょう。

 

しかし、アンダーハンドパスは相手のスパイクやコートに落ちそうなボールを拾う時などに多用するのが普通です。

 

どちらもバレーボールにおいては重要な技術と言えるでしょう。

 

ちなみに、サーブレシーブなどもアンダーハンドパスでレシーブするのが普通です

 

これも苦手だと非常に恥ずかしい思いをすることになります。

 

どんなチームでも、練習があればスリーメンなどの練習をするのが普通です。

 

スリーメンの時もアンダーハンドレシーブは非常に大事と言えるでしょう。

 

 

アンダーハンドパスのコツ

 

アンダーハンドパスのコツですが、初心者で言えば、肘を曲げないなどがありますが、多くの場合で肘を曲げないであれば出来るようになるでしょう

 

上手く行かない人も多くの場合が苦手意識を持っていることが原因ではないでしょうか?

 

つまり、体が無駄に力が入り過ぎることでレシーブのコントロールが出来ないのです。

 

苦手意識が無くなるだけで、かなり上達すると思われます。

 

しかし、苦手意識を無くせで苦手意識って無くならないはずです。

 

ちょっとした個人練習をするとよいでしょう。

 

おすすめする練習方法ですが、バレーボールを用意して片手だけでレシーブし続けるようにします。

 

両手でレシーブするのではなく、片手でやるので非常にボールに対してのコントロールがしにくいと言えるでしょう。

 

このような練習を繰り返すことで、両手でレシーブすることの簡単さが分かってくる場合が多いです。

 

あと、片手でもレシーブはアンダーハンドパスだけでなく、球際のボールにも強くなる効果があります。

 

簡単な練習ではありますが、個人練習としては最適でしょう。

 

テレビを見ている時に、CMの間にやり続けるのもよいことだと思います。

 

さらに上達すると、テニスボールなど小さいボールでやるようにしてみてください。

 

難易度が上がる事が分かるかと思います。

 

単純ですが、感覚的に上手くなるための効果的な練習方法と言えるでしょう。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。