バレーボールの2段トスのコツ

2段トスのコツについて

バレーボールでは、2段トスという練習があります。

 

簡単に言うと、コーチなどがレシーバーにボールを打ち込み、上がったボールをトスを上げる練習方法です。

 

基本的に全員が行う練習と言えるでしょう。

 

2段トスのコツを教える前に、何故、バレーボールではこのような練習をするのか理解しましょう。

 

 

2段トスとは?

 

バレーボールでは2段トスというものが存在します。

 

2段トスとは何かと言うと、セッター以外の人が上げるボールのことです。

 

確かに、毎回、完璧なレシーブでセッターにボールが返るのが理想でしょう。

 

しかし、時にはセッターが最初のボールをレシーブしてしまった時などは、セッター以外のプレイヤーがボールを上げる必要があります。

 

その時のための練習がバレーボールにおける2段トスの練習になるのです。

 

毎日、行う練習の一つだと言えるでしょう。

 

ちなみに、毎日行う練習だからこそ、2段トスが上手く出来ないと恥ずかしい思いをするのです。

 

私もどちらかと言えば、2段トスのコツをつかむまでは恥ずかしい思いをした方だと思っております。

 

 

 

2段トスが上手く出来ない理由

 

2段トスが上手く出来ない理由はいくつかあります。

 

中学生やママさんバレーの方では、筋力の不足から2段トスが上手く上がらない事も多いです。

 

しかし、余程小柄な選手か筋力が余程発達していない選手でなければ、コツを掴めば2段トスは上げる事が可能となります。

 

あと、苦手意識があり過ぎると、体の無駄に力が入り過ぎてしまい2段トスが上がらない状態になります。

 

力を上手く使えないと、正確なトスが上がらない事になるでしょう。

 

バレーボールでは筋力だけでなく、体の使い方が非常に大事です。

 

トスに関しても遠くて高いボールを飛ばせばいいのではなく、正確に上げることが大事となります。

 

高さに関しても、スパイクの打つ相手が打ちやすい高さに上げる事が大事なのです。

 

 

 

2段トスのコツ

 

2段トスのコツですが、まず、上手な選手のトスを見ることやイメージをすることが大事となります。

 

あと、体のきちんとした使い方を覚えれば筋力が不足している方でも2段トスは上げる事が可能です。

 

確かに、筋力があった方が2段トスは上げやすいことは間違いありません。

 

しかし、少ない筋力でも全身のバネをフル活用することでトスが上がるようになるのです。

 

どうすれば体の使い方体得できるかですが、東京バレーボールアカデミーの体の使い方を実践すれば自然と2段トスが上がるようになります。

 

バレーボールにおける体の使い方を体得する方法を紹介出来なくて申し訳ないのですが、この方法が一番でしょう。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。