バレーボールのワンマンについて

バレーボールのワンマンレシーブについて

バレーボールで、最も嫌いな練習方法としてワンマンレシーブを挙げる人は多いのではないでしょうか?

 

多分、アンケートは取ったことがありませんが、バレーボールプレイヤーの最も嫌いな練習方法の第一位はワンマンだと思います。

 

実際に、私も非常に嫌いな練習方法でした。

 

 

ワンマンレシーブとは

 

ワンマンレシーブは、略してワンマンと言われることが多いです。

 

コートにコーチ一人と選手一人が入ります。

 

コーチは右に左にあちこちにボールを投げるようにするのです。

 

それを選手は拾いに行かなければいけません。

 

暗黙の了解として、絶対に間に合わないと分かっている状態でも拾いに行かなければいけないのです。

 

もちろん、すぐに疲れてしまい動けなくなることもあります。

 

しかし、コーチや監督の了解が出るまでそれが終わることがないのです。

 

これがワンマンレシーブの辛さとなります。

 

スタミナに自信がある体力のある選手であっても、ほぼ100%の可能性でへばって動けなくなるほどです。

 

ちなみに、私はワンマンレシーブでフライングレシーブが出来なかったので、骨折したこともあります。

 

怪我などの問題も注意が必要だと思いました

 

 

何故、ワンマンレシーブをするのか?

 

ワンマンレシーブは大変なのですが、これって普通の試合と比べてみても倍以上大変だと思います。

 

基本的にバレーボールは瞬発力を重視されるスポーツです。

 

タバコをバンバン吸っている選手とか、年配の選手でなければ試合が終わって疲れ切ってしまうと言う人はまずいません。

 

サッカーやバスケットボールと比べてみても、バレーボールはスタミナを重視されないスポーツです。

 

それにも関わらず、スタミナを重視するワンマンをやるのに不思議に思ったことはないでしょうか?

 

無意味な練習ほど、人を嫌にさせるものはないのかも知れません。

 

特に、毎日の練習でワンマンをやらされていたら、バレーボールが嫌になってしまう人も多いのではないでしょうか?

 

ウォーミングアップしてワンマンして、普通の練習とかだと、普通の練習も身が入らない可能性も高いです。

 

ワンマンを行う理由ですが、気合を入れるためとか、根性をつけるためとか、そのような意味合いが強いとされています。

 

他にも、監督やコーチと選手間の上下関係をしっかりと持たせるためなどの意味合いも考えられるのではないでしょうか?

 

しかし、スタミナをそれほど重視しないバレーボールでワンマンレシーブは無意味に感じる人も多いかと思いました。

 

私も含めて出来るならやりたくな練習方法と言えるでしょう。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。