バレーボールのスパイクレシーブのコツ

バレーボールのスパイクレシーブのコツ

バレーボールのおけるスパイクレシーブのコツを紹介します。

 

相手選手の打ってきたスパイクをレシーブする動作です。

 

素人チームではない限りは、誰がどの場所を守るのか大体決まっています。

 

バレーボールを始めたばかりの初心者の方であれば、レフトからスパイクを打たれた時、ライトからスパイクを打たれた時、センターからスパイクを打たれた時に自分のチームの選手がどう動くか確認しておくとよいでしょう。

 

自分の守備範囲を守るわけですが、スパイクレシーブで重要なのは「読み」となります。

 

つまり、洞察力が大事と言うことです。相手がスパイクを打ってからボールに反応するのではなく、相手のボールが来そうな場所に構えていることが大事になるのです。

 

もちろん、ブロックとブロックの隙間やフェイントで来ると思えば前に詰めるなどの行為となります。

 

これはスパイクレシーブだけに言えることではないですが、バレーボールに置いては洞察力が非常に重要になるのです。

 

 

スパイクレシーブのコツ

 

スパイクレシーブのコツですが、人によってはサーブレシーブよりも簡単にさばけてしまう人も多いです。

 

サーブレシーブの場合だと、相手がサーブを打ってからレシーブするまでに時間があるので、苦手意識が働いたり無意味に力が入ってしまうからとなります。

 

その点、スパイクレシーブでは、考えている間もなくボールが来るので集中して取り組めることも多いのです。

 

特に、無駄に肩の力が入るわけでもなく、上手にアンダーハンドレシーブでカットすることが出来たりもします。

 

スパイクレシーブでもう一つ覚えておいて欲しいのが、自分の上半身に来たボールをうまくさばくということです。

 

人によって、構えは違いますが、上にボールを上げることが出来るかが非常に重要になります。

 

これもバレーボールの技術として覚えておいて欲しいです。

 

ただし、無駄に使わないようにしてください。

 

スパイクレシーブであれば、アンダーハンドレシーブで出来るだけセッターに返せるようにするのがよいでしょう。

 

もちろん、スパイクレシーブでもボールがちゃんとセッターに返れば、クイック系の攻撃が使えるので、攻撃の幅が増えて味方のアタッカーが楽になることは言うまでもありません。

 

スパイクレシーブも常に動ける状態で読みを持って行うことが大事でしょう。

 

何も考えずに構えていて、打たれてから反応をするのと、読みを持って構えているのでは結果が違ってくることが多いと言えます

 

しっかりとスパイクコースを読んでレシーブすることが大事です。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。