バレーボールのサーブレシーブのコツ

バレーボールのサーブレシーブのコツを紹介します。

バレーボールにおけるサーブレシーブについて紹介します。

 

サーブレシーブと言うのは、単純に相手が打ったサーブをレシーブしてセッターに返す動作を言います。

 

しかし、これが余りにも下手くそだと、相手チームの選手や監督に「●番を狙え」とか、指示されたりするのです。

 

バレーボールプレイヤーにとっては、屈辱的とも言えるでしょう。

 

他にも、スパイクが上手いのに、サーブレシーブが下手くそだとレギュラーになれても、サーブレシーブの時に一人だけコートの隅に行くことになります。

 

要は、サーブのいかない場所に避難するわけです。

 

これもこれで屈辱ではないでしょうか?

 

しかし、近年では、プロの世界では絶対的エースにはレシーブをさせずにスパイクに専念させると言うのは主流になっています。

 

それが徹底していれば、レシーブは一切しなくてもカッコ良さがありますが、

 

レシーブが下手で隅に追いやられるのは、恥ずかしいものがあるのではないでしょうか?

 

 

体の大きい選手はレシーブが苦手?

 

イメージ的に体が大きい選手はレシーブが苦手?というイメージがないでしょうか?

 

逆に、小柄な選手はレシーブが上手というイメージもあるかと思います。

 

しかし、実際のところはどうでしょうか?

 

私が見たところ、確かに小柄な選手の方がレシーブが上手な場合が多かったです。

 

しかし、大型の選手でもうまい選手はいました。

 

この差って何なんでしょうか?

 

 

サーブレシーブが下手な理由

 

サーブレシーブが下手な理由ですが、まず、無駄に体に力が入っているからです。

 

普通に考えて体型が同じなのに、サーブレシーブの良し悪しが分かれるのは、多くの場合は苦手意識がそうさせています。

 

私の場合もそうでした。

 

苦手意識をなくすには、山なりのチャンスボールの様なサーブから徐々に慣れていくように練習するのがコツです。

 

しかし、普段の練習では中々、そういう練習はさせてもらえません。

 

では、どうすればいいかですが、実は私苦手意識を無くす方法を当サイトの特別特典にしてしまいました。

 

サーブレシーブに対して悪いイメージが働く原因と対処法をお話ししたつもりです。

 

他にも、スパイクの時にブロックでシャットアウトされるイメージがある人にもお勧めとなります。

 

それでも、一つだけ言えるのは、肩の力が入り過ぎていて器用に体を動かせていないことです。

 

これが無くなるだけでも、サーブレシーブは進化するかと思いました。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。