バレーボールのスパイクレシーブのコツ

バレーボールにおけるスパイクレシーブのコツを紹介します。

バレーボールにおけるスパイクレシーブのコツを紹介します。

 

スパイクレシーブ以外の呼び方としては、スパイクカットとかアタックレシーブと呼ばれたりもするのです。

 

相手のチームが打ちこんできたスパイクをレシーブするプレーとなります。

 

コツがいくつか存在しますので、紹介します。

 

スパイクレシーブと言うのは、人によってはサーブレシーブよりも簡単です。

 

サーブレシーブだと自分のところにボールが来た時点で時間があるので、マイナスのイメージなどが湧いてきて体が硬くなり失敗することがあります。

 

しかし、スパイクレシーブであればスピードが速いのでマイナスのことを考えずにレシーブ出来るわけです

 

しかも、パーフェクトにセッターに返るようなレシーブが出来なくても、仕方がない部分もあるので楽だったりします。

 

それでも、スパイクレシーブにはいくつかコツがあるので紹介してみたいと思います。

 

 

スパイクレシーブのコツは読みです

 

スパイクレシーブのコツですが、レシーブのコツでも解説しましたが、結局のところ読みが重要です。

 

つまり、どこにボールを打ちこんでくるかを予測して動くということになります。

 

もちろん、相手から打ってくるスパイクなので味方のブロックが付くはずです。

 

ブロックの隙間に来るのか、それともフェイントに備えるべきか?を読んで自分の守備範囲を守ることになります。

 

ボールの来る場所を読むことが大事です。

 

経験によりボールが来る場所を読むのが普通となります。

 

 

相手選手の体の向きに気を付ける

 

よくありがちなのが、体の向きと同じ方向にボールを打ってくる場合です。

 

こういうスパイカーは実際に存在するのですが、比較的簡単にレシーブすることが出来ます。

 

素直すぎると言われる選手で、スパイクのボールのスピードは速いのにレシーブされてしまい決められない選手とも言えるでしょう。

 

このような選手は体の向きと同じ方向にボールが来るので非常にスパイクレシーブをやりやすいと言えます。

 

相手チームの選手でも研究する時に便利なので、選手の体の向きとボールの方向が同じになっている選手がいないかチェックして見てください。

 

 

リベロであれば

 

バレーボールにはリベロというポジションがあります。

 

レシーブ専門の選手の様なものです。

 

リベロであれば、スパイクレシーブが得意なだけでなく、とにかく足を動かしてボールを拾いまくって欲しいと思います。

 

スパイクレシーブのコツは、正面に入って確実にレシーブをすることですが、リベロであればかなり広い守備範囲が求められます。

 

早いスパイクだろうが恐れずに飛び込んで食らいついて行くことが必要です。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。