バレーボールの平行トス

バレーボールの平行トスについて

平行トスとは

 

バレーボールでは平行トスというものがあります。

 

バレーボールのコートの中央にはネットがありますが、上部には白線があるはずです。

 

その白線に対して、平行に上げるトスのことを言います。

 

オープンスパイクは山なりのトスを上げるに対して、平行トスは低くて速いトスを上げるのが普通です。

 

Bクイックの延長と考えてもよいでしょう。

 

 

平行トスが必要な理由

 

平行トスが必要な理由ですが、近代のバレーボールでは素早い攻撃が主流になっています。

 

攻撃にも速さを求められるようになっているのです。

 

オープンスパイクの場合であれば、山なりのトスになるのでブロッカーは2人、もしくは3人が確実につくことになります。

 

それに対して、平行スパイクなどでは、場合によってはブロックが1枚しか付きません。

 

相手のセンタープレイヤーが味方のクイック攻撃を警戒してセンターにくぎ付けになる時があります。

 

味方のセンタープレイヤーが囮のクイック攻撃に引っ掛かった時です

 

その時に、素早い平行トスを上げることで相手のセンタープレイヤーのブロックが間に合わない場合があるのです。

 

素早い平行トスに間に合わなければ、ブロックは1人しかいません。

 

ブロックが1人になることで味方のアタッカーは楽をしてスパイクを打ちこめるわけです。

 

このことから、コンビネーションバレーが主流になっている現在のバレーボールでは平行トスは非常に有効な攻撃になります。

 

是非ともマスターしたい攻撃方法と言えるでしょう。

 

 

平行トスを上げる人

 

多くの場合が、チームで平行トスを上げることが出来る人がセッターしかいないはずです。

 

そのため、チャンスボールなどでは絶対にセッターが一打目を拾っていはいけません。

 

セッターはチャンスボールだと決まったら、後衛であってもさっさとネット際まで移動するようにしてください。

 

そして、平行なりクイック攻撃を上げる準備をします。

 

しかし、相手チームのフェイントやレフトからのスパイクではセッターが一打目をレシーブすることもあるでしょう。

 

そうした場合に、多くの場合がライトプレイヤーがトスを上げることになります。

 

ライトプレイヤーが元セッターなどの場合は、平行を上げることも出来ますが、そういう場合は極めて希です。

 

一般的には、平行トスを上げるのはセッターのみと言えるでしょう。

 

よって、相手にボールを返すときにセッターを狙い平行攻撃を防ぐことも可能です。

 

バレーボールではちょっとしたことで、有利にも不利にもなります。

 

 

平行が使えなくなる時

 

平行が使えなくなる時ですが、やはりレシーブが乱れた時でしょう。

 

ずれた場所からでも平行を上げても構いませんが、相手ブロックは2人は最低でも付くことになります。

 

セッターが効果的に平行トスを上げるには、レシーバーがしっかりとナイスレシーブをする必要があるのです。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。