バレーボールのスリーメンの練習について

バレーボールのスリーメンの練習方法について

バレーボールではスリーメンという練習方法があります。

 

チームによっては「スリーマン」と呼ばれることもある練習方法です。

 

コート半面を使いコーチ一人、選手3人が入るようにして、コーチもしくは、監督にボールを返すようにする練習方法となります。

 

多くのチームが、練習のたびにやる方法のはずです。

 

ワンマンやツーマンは、どんどんボールを投げられてしまうので過酷な練習になります。

 

しかし、スリーメンは3人の選手でコーチにボールをつないで返すので、地獄の特訓と言うよりは気持ちのいい練習になる場合も多いでしょう。

 

ここでは、簡単なやり方なども含めてコツなども紹介いたします。

 

 

スリーメンのやり方

 

スリーメンのやり方ですが、基本的に後衛のポジションごとに入ることになります。

 

ライトの選手もしくは、セッターはライトのポジションに入り、センタープレイヤーはセンターのポジションに入る、もちろん、レフトはレフトポジションに入るようにしてください。

 

自分のポジションで練習をするということです。

 

3人で協力して一つのボールをコーチに返すようにします。

 

もちろん、コーチは強打を打つ時もあれば、コート外にボールをやる事もあるのでしょう。

 

間に合わないと思っても、拾いに行かなければいけません。

 

スリーメンにはバレーボールの後衛のポジショニングの確認という意味合いも含まれているのです。

 

誰がどこを守るのか?など非常に大事な要素となります。

 

試合と同じように自分の守備範囲を守り他のプレイヤーのカバーに入ったりすることが大事です。

 

初心者の方であれば、自分と同じポジションの選手が、どのような時にどこを守るのか?などを見て覚える必要があります。

 

 

 

スリーメンはコーチの力量が問われる

 

スリーメンと言うのは、コーチの力量が非常に問われる練習方法です。

 

何故なら、上手くボールを振らないと練習がだらけやすくなるからとなります。

 

あと、コーチがいない選手だけのチームの場合であれば、自分たちで気づかないうちにだらけたスリーメンになっていることも少なくないでしょう。

 

私も昔のコーチのところに練習に行った時に、はじめて今のチームの練習がだらけたスリーメンになっていることに気が付いた位です。

 

ボールを一人に集中させず、3人に均等に動くようにボールを振る事が大事となります。

 

ボールを送る場所に関しても、絶対に間に合わない場所ではなく間に合うか間に合わないか微妙な位置に送る事が大事です。

 

さらに、選手どうしてフォローした時に、フォーメーションはもちろん、崩れてしまうでしょう。

 

そうした時に、選手がどうしたら足が動かせるかなど的確な場所にボールを回せるかが大事です。

 

スリーメンと言うのは、コーチの力量が非常に問われるので注意してください。

 

選手にとっては集中力が保てる練習にならなければなりません。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。