バレーボールのレシーブのコツ

バレーボールのレシーブのコツを紹介します。

バレーボールのレシーブのコツを紹介したいと思います。

 

ここでいうレシーブのコツは、初歩的な手を振らないとか、腕を曲げないとか、腕の組み方ではありません。

 

どうすれば、レシーブで数多くのボールを拾えるかを紹介します。

 

レシーブの初歩のコツなどは、別記事で紹介しました。

 

 

バレーボールのレシーブのコツ

 

バレーボールでは理論的には、コートにボールを落すことが無ければ試合に負ける事がありません。

 

ただし、すべてサーブをネットに引っかけて負けるなども考えられますが、実際には普通に試合に勝ちたいのであればほぼないでしょう。

 

つまり、レシーブさえ完璧にやれば試合に負けることはありません。

 

ただし、ブロックをすり抜けた強力なスパイクなどはかなり強烈なのでレシーブで拾うのが難しい場合もあります。

 

どうすればレシーブでたくさん拾うかですが、やっぱり読みが大事です。

 

読みと言うのは、どこにボールが来るかをしっかりと予測してボールが来る場所に素早く移動することです。

 

例えば、敵チームがスパイクを打ってきた時に、正面でボールを取るのかサイドステップして取るかでは、レシーブの難易度は違ってきます。

 

さらに、完璧に正面に入ってレシーブが出来れば、完璧にセッターにボールが返ることも可能です。

 

セッターにボールが返ればAクイックなどのクイック系のスパイクも使うことが出来るので味方のアタック攻撃の幅が大幅に広がります。

 

そのためには、レシーブは先を読むことが大事です。

 

バレーボールの足が出ないの記事でも書きましたが、読みが出来ないとどうしてもレシーブは上手く出来ません。

 

最も重要なのは、次のプレーを意識してのポジショニングです。

 

 

相手の動きを読むコツ

 

相手の動きを読むコツですが、大きく分けて2種類の方法があります。

 

直感的に理解してコースを読むことです。

 

深く考えずにスパイクレシーブであれば、ボールの落ちる場所を直感的に理解することが大事と言えます。

 

そして、自分の守備範囲であれば素早く移動し、自分の守備範囲でなければ次のプレーに素早く移動出来るようにすることです。

 

勘の鋭いということを利用して、レシーブをするという事になります。

 

もう一つの方法ですが、完全に相手を研究してデータを元に動くという方法です。

 

バレーボールのナショナルチームになると、相手チームの選手をデータで徹底的に分析したりするのが普通になります。

 

普通のバレーボールチームでもやる事は可能ですが、かなり面倒な作業になることは間違いありません。

 

相手選手のちょっとしたクセやフォームなどから分析を行いフェイントするのか、どこのコースに打つのかを分析したりするのです。

 

しかし、誰もやっていないからこそ、やる事に価値があると言えます。

 

あと、データ分析などは自分だけでなくチーム全体のレベルを上げることも可能と言えるでしょう。

 

どちらが悪いなどはないので、自分で向いている方をやることをお勧めします。

 

尚、データ分析であれば効率のよい分析法を覚える必要もあるでしょう。

 

でも、何をするにも相手チームよりも一つ上のレベルをやる事が大事です。

 

そういう積み重ねが強いチームを作ったり、普通の選手よりも1ランク上の選手になるコツです。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。