バレーボールのレシーブ

バレーボールのレシーブについて

バレーボールではレシーブは重要なプレーです。

 

スパイク練習は好きな人がとても多いのですが、レシーブ練習は地味で好きでない人も多いと言えます。

 

しかし、どんなにスパイクが強いチームでもレシーブが弱いと、どんどん点を取られてしまうのです。

 

レシーブと言っても、チャンスボールをレシーブするのと、サーブレシーブ、スパイクレシーブではニュアンスが違ってくると言えるでしょう。

 

様々な状況に応じたレシーブのプレーを紹介します。

 

バレーボールではレシーブは重要な位置を占めるので、好きになれとは言いませんが、上達できるように頑張りましょう。

 

頑張って体が硬くなるとプレーが悪くなるので、正確に言うと自然体でレシーブをプレーしてください。

 

バレーボールのレシーブ記事一覧

バレーボールのサーブレシーブのコツ

バレーボールにおけるサーブレシーブについて紹介します。サーブレシーブと言うのは、単純に相手が打ったサーブをレシーブしてセッターに返す動作を言います。しかし、これが余りにも下手くそだと、相手チームの選手や監督に「●番を狙え」とか、指示されたりするのです。バレーボールプレイヤーにとっては、屈辱的とも言え...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイクレシーブのコツ

バレーボールのおけるスパイクレシーブのコツを紹介します。相手選手の打ってきたスパイクをレシーブする動作です。素人チームではない限りは、誰がどの場所を守るのか大体決まっています。バレーボールを始めたばかりの初心者の方であれば、レフトからスパイクを打たれた時、ライトからスパイクを打たれた時、センターから...

≫続きを読む

 

バレーボールのワンマンについて

バレーボールで、最も嫌いな練習方法としてワンマンレシーブを挙げる人は多いのではないでしょうか?多分、アンケートは取ったことがありませんが、バレーボールプレイヤーの最も嫌いな練習方法の第一位はワンマンだと思います。実際に、私も非常に嫌いな練習方法でした。ワンマンレシーブとはワンマンレシーブは、略してワ...

≫続きを読む

 

バレーボールの2段トスのコツ

バレーボールでは、2段トスという練習があります。簡単に言うと、コーチなどがレシーバーにボールを打ち込み、上がったボールをトスを上げる練習方法です。基本的に全員が行う練習と言えるでしょう。2段トスのコツを教える前に、何故、バレーボールではこのような練習をするのか理解しましょう。2段トスとは?バレーボー...

≫続きを読む

 

バレーボールのアンダーハンドパスのコツ

バレーボールではオーバーハンドレシーブという技術があります。オーバーハンドパスが、自分のおでこでボールを受けてパスをするのに対して、アンダーハンドパスは両手を組んで構えてレシーブをします。相手チームがスパイクを打ってきた時にレシーブするのも多くの場合がアンダーハンドパスです。人によっては、アンダーレ...

≫続きを読む

 

バレーボールで足が出ないと言われてしまう方へ

バレーボールで足が出ないと言う方はいないでしょうか?レシーブする時に、足が前に出ない状態のことを指します。最初の一歩がスムーズに出ないためにボールが拾えない状態のことを指すのです。レシーブでボールを拾うのが苦手な人に多い症状と言えるでしょう。私も実際に足が出ないと言われたのですが、ある技術を身につけ...

≫続きを読む

 

バレーボールのレシーブのコツ

バレーボールのレシーブのコツを紹介したいと思います。ここでいうレシーブのコツは、初歩的な手を振らないとか、腕を曲げないとか、腕の組み方ではありません。どうすれば、レシーブで数多くのボールを拾えるかを紹介します。レシーブの初歩のコツなどは、別記事で紹介しました。バレーボールのレシーブのコツバレーボール...

≫続きを読む

 

バレーボールのスリーメンの練習について

バレーボールではスリーメンという練習方法があります。チームによっては「スリーマン」と呼ばれることもある練習方法です。コート半面を使いコーチ一人、選手3人が入るようにして、コーチもしくは、監督にボールを返すようにする練習方法となります。多くのチームが、練習のたびにやる方法のはずです。ワンマンやツーマン...

≫続きを読む

 

バレーボールのチャンスボールの練習方法について

チャンスボールとはチャンスボールと言うのは、3回目でスパイクを打つことが出来ずに相手にチームにボールを返すことを言います。スパイクを打てないから相手に取ってみれば、チャンスになるわけです。もちろん、敵がアタックを打てなければ、こちらに取ってみればチャンスボールと言うことになります。バレーボールでは略...

≫続きを読む

 

バレーボールの壁パスについて

壁パスとはバレーボールでは壁パスという練習方法があります。つまり、壁にボールを当てて反動で返ってきたボールを再び壁にパスをするということです。一応、オーバーハンドパスの練習になります。非常に単調な練習に感じられるかも知れませんが、バレーボールの感触を確かめたり、ボールになれるという意味ではいい練習方...

≫続きを読む

 

バレーボールの平行トス

平行トスとはバレーボールでは平行トスというものがあります。バレーボールのコートの中央にはネットがありますが、上部には白線があるはずです。その白線に対して、平行に上げるトスのことを言います。オープンスパイクは山なりのトスを上げるに対して、平行トスは低くて速いトスを上げるのが普通です。Bクイックの延長と...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイクレシーブのコツ

バレーボールにおけるスパイクレシーブのコツを紹介します。スパイクレシーブ以外の呼び方としては、スパイクカットとかアタックレシーブと呼ばれたりもするのです。相手のチームが打ちこんできたスパイクをレシーブするプレーとなります。コツがいくつか存在しますので、紹介します。スパイクレシーブと言うのは、人によっ...

≫続きを読む

 

バレーボールのツーマンについて

バレーボールではツーマンという練習方法があります。多分ですが、バレーボールの一番、嫌な練習はワンマンなはずです。もっとも、きつい練習と言えるでしょう。次に嫌な練習はツーマンではないかと思います。実際に私もワンマンほどではないですが、ツーマンが嫌いでした。どのような練習方法とどのような意味があって練習...

≫続きを読む

 

バレーボールのフライングレシーブのコツ

フライングレシーブとはフライングレシーブとは、ボールに対して飛びつくように前にジャンプして取るレシーブを言います。バレーボールの試合を見ている人であれば、よく見る光景ではないでしょうか?たまに、どう考えても間に合わないボールに対して形だけのフライングレシーブをする選手がいますが、あれはどうかな〜と思...

≫続きを読む

 

バレーボール・サーブカットの練習方法

バレーボールにおけるサーブカットの練習方法を紹介します。サーブカットとは、相手チームが打ってきたサーブをレシーブする行為を言います。もちろん、サーブカットが出来なければ、どんどん点が入ってチームは負けてしまうでしょうそうならない為にも練習方法を紹介します。尚、サーブカットの練習は一人では行う事が出来...

≫続きを読む