健太やりますの最終回は衝撃のラスト?

健太やりますの最終回は衝撃のラスト

バレーボール漫画「健太やります」を紹介したいと思います。

 

簡単に説明をすると、主人公井口健太が盟友前田隆彦などと共にライバル校誠陵高校打倒を目指す漫画です。

 

ちなみに、私はちょっと老け顔高校生ですが、足に爆弾を抱えた天才セッター稲葉克己さんがお気にいりのキャラクターでした。

 

王者誠陵高校に1点を取ながらも、足が限界に達し試合放棄になった試合は泣けましたね。

 

他にも、ナイアガラアタックや自称天才セッター金田一?など、個性豊かなキャラクターもいましたね。

 

しかし、「健太やります」も最終回が衝撃のラストになっている漫画と言ってよいでしょう。

 

 

健太やりますの最終回までのあらすじ

 

井口健太率いるチームが苦戦しながらも、県大会決勝まで勝ち進みました。

 

相手はもちろん、王者誠陵高校です。

 

この試合で、何と王者誠陵に苦戦をしながらも勝ってしまうわけです。

 

この続きが最終回になっています。

 

 

「健太やります」の最終回

 

県大会で誠陵高校を破ったことで、井口健太が所属する私立坂見台学園高校は全国大会に進出しました。

 

しかし、全国大会の描写がありません。

 

ベスト8まで勝ち進んだという結果だけが分かります。

 

上級生の河野、原、佐々木などはすでに私立坂見台学園高校を卒業した状態でした。

 

全国制覇ではなく、ベスト8にしたのは誠陵高校は毎年、全国制覇するような学校に設定されているので、誠陵を破ったのは奇跡だという印象を作者が残したいと思ったのかも知れません。

 

その後、主人公の井口健太君が登場するわけですが、これが衝撃のラストになっています。

 

 

「健太やります」の衝撃のラストとは

 

健太やりますの衝撃のラストと言うのは、最後に主人公の井口健太君の身長が飛躍的に伸びて180pを越える様な身長になっていることでしょう。

 

井口健太君はレシーブの名手ではあります。

 

どんなボールでも拾えてしまいレシーブに関しては、非凡な才能を持っているんです。

 

しかし、欠点があり身長が低いためスパイクが打てないなどの問題もあります。

 

その井口健太君の身長が非常に伸びて、前田隆彦(身長185p)と同じくらいになっているんです。

 

これはつまり、井口健太が前衛でも活躍できるようになったことも指していると思います。

 

「健太やります」の衝撃のラストは、健太君の身長が伸びたことでしょう。

 

これで物語が終了しますが、私が危惧しているのは、「体が大きくなったことでレシーブが下手になったのではないか?」という事です。

 

これだったら、小さい頃のままの方がよかったとか・・・・本人が悩んでいたりしたら嫌だなと思いました・・・。

 

でも、実際には身長が高くなってさらにバレーが楽しくなったような印象を受けましたね

 

「健太やります」の最終回は、衝撃のラストの一つに入るかと思いました。

 

漫画的にも、面白いと思ったりしました。

 

ちなみに、ナイアガラアタックについては、記事にしましたので、そちらも読んでみてください。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。