バレーボールの時間差攻撃について

バレーボールの時間差攻撃について

バレーボールにおける時間差攻撃とは

 

現在のバレーボールはコンビネーションバレーが主流です。

 

初期のバレーボールでは、セッターが山なりのオープントスを上げてスパイカーが打つだけでした。

 

しかし、それだと相手のブロックが2枚ないし、3枚が確実についてしまいます。

 

そこで開発されたのが時間差攻撃でした。

 

ブロックを交わすようにして、スパイクを打つことを目的としたのが時間差攻撃です。

 

 

時間差攻撃の基本

 

時間差攻撃の基本ですが、普通のクイックとセミクイックを行うことで時間差攻撃をします。

 

ブロックのタイミングを外すスパイクです。

 

もっともオーソドックスな時間差攻撃は、センタープレイヤーがAクイックで入り、レフトプレーヤーがセミクイックで入ります。

 

この時に、相手のブロッカーがAクイックだと思って、ブロックでジャンプしてしまうと、セッターがセミを上げた場合にレフトプレーヤーのスパイクに対応出来ません。

 

これでブロックを避けてスパイクが出来るので、時間差攻撃が完成するわけです。

 

時間差攻撃と言うのは、複雑な攻撃が出来ます。

 

センターがBクイックで入り、ライトの選手が普通のセミで入っても時間差攻撃になるでしょう。

 

他にも、センターがCクイック、ライトがバックセミでも時間差攻撃は完成します。

 

時間差攻撃と言うのは、何通りもあるわけです。

 

センターの選手がBクイックで入り、レフとの選手が平行で打つのであれば、センターのブロックがついて来れなければ、これも時間差攻撃に近いものがあります。

 

近年のバレーボールでは相手のブロックを如何にして減らせるかを非常に重視しているわけです。

 

是非とも覚えて欲しい方法ではあります。

 

 

時間差攻撃の弱点

 

もちろん、時間差攻撃にも弱点はあります。

 

それは、レシーブが良くないと出来ないということです。

 

レシーブしたボールがコートのど真ん中にあがったとします。

 

セッターはコートの中央からトスを上げることになりますが、この状態では時間差攻撃を使うことは出来ないはずです。

 

バレーボールで時間差攻撃を行う上で大事なのは、レシーブがよいことでしょう。

 

レシーブが悪ければ時間差攻撃は行うことが出来ずに、セッターもオープンしか上げることが出来ずに相手チームのブロックもしっかりとついて来ることになります。

 

 

 

中学生であっても時間差攻撃が出来るとかっこいい

 

中学生であっても時間差攻撃が出来るとかっこいいと思います。

 

多くのチームが使っている実情がありますが、昔、時間差攻撃を主流に考えているチームがありました。

 

クイックはA,B、C、D全て使ってきます。

 

身長が低いチームではありますが、レシーブがしっかりとしていて、セッターに綺麗にボールが入ると絶対にクイックか時間差になるなという感じです。

 

コンビネーションを多用するのが特徴として、背の高いチームもコンビネーションバレーを駆使して勝つところは斬新に感じました。

 

セッターが後衛で前衛にレフト、センター、ライトの場面では、センターがAクイック、ライトがCクイックのWクイックとレフトがセミが当たり前のような感じだったのを覚えています。

 

すごく印象に残っているチームです。

 

身長が低いチームが背の高いチームに時間差攻撃をフルに使って圧倒する試合運びはすごいという印象を持ちました。

 

自分のチームが背が低くて悩んでいるのであれば、時間差攻撃は必要不可欠なものになるでしょう。

 

指導者であれば、試合で使えるような時間差攻撃を使えるように指導してくださいね。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。