バレーボールのバックセミ

バレーボールのバックセミについて

バレーボールと言うのは、バックセミという攻撃パターンがあります。

 

勘がいい人であればお気づきかと思いますが、ライト側でセミクイックを打つスパイクです。

 

Cクイックの位置でセミクイックを打つことをバックセミと呼びます。

 

バレー部じゃない人は聞いたことも無いかも知れませんが、中学生などでもよく使われるスパイクです。

 

 

バックセミは誰が打つ?

 

バックセミを打つ人ですが、主にセンターかライトのプレーヤーが打つことが多いです。

 

どちらかと言えば、ライトプレーヤーのスパイクと言えるでしょう。

 

ライトプレーヤーであれば普段から打っておいて欲しいスパイクになります。

 

尚、レフトプレーヤーであっても前衛でサーブレシーブがライトの位置の場合は、バックセミを要求することも多いです。

 

ライトプレーヤーが元セッターなどの場合は、セッターがバックセミを打つこともあります。

 

しかし、最後のセッターが打つ場合はほとんどないんですけどね。

 

 

 

バックセミを使った攻撃パターン

 

セミクイックのところで、セミを使えば時間差攻撃が出来ると説明をいたしました。

 

しかし、バックセミも練習で使えるようになればさらに攻撃のバリエーションが増えます。

 

例えば、センタープレイヤーがCクイックでスパイクを打ちに行ったとします。

 

次にライトプレーヤーがバックセミでスパイクに入るとします。

 

セッターがバックセミのトスを上げれば時間差攻撃が完成です。

 

もちろん、センタープレイヤーがAクイックで入り、ライトプレーヤーがバックセミで入れば、それもそれで時間差攻撃の完成と言えるでしょう。

 

さらに、ライトプレーヤーがDクイックで入り、センタープレイヤーがバックセミで入れば、それも時間差攻撃の完成と言えます。

 

もちろん、センタープレイヤーがブロード攻撃やDクイックの体勢に入り、ライトプレーヤーがバックセミのスパイクでも構いません。

 

ただし、複雑になってくると選手間でも意思疎通が大事になってきます。

 

スパイクを打つ選手同士がぶつからないように注意してくださいね。

 

尚、バックセミは速攻系のクイック攻撃ではありません。

 

よって、多少はレシーブがそれても使うことが出来るスパイクです。

 

それを考えて有効に使うようにしてください。

 

中学生でも高校生でも多くのチームで取り入れられているスパイクになります。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。