バレーボールのセミクイック

バレーボールのセミクイックについて

バレーボールのスパイクではセミクイックと呼ばれるものがあります。

 

多くの場合が、セミクイックではなく略して「セミ」と呼ばれることがほとんどです。

 

バレーボール用語なので、初めて聞く人は意味が分からないと思います。

 

しかし、よく使う攻撃パターンなので覚えておいてください。

 

セミクイックはスパイクを打つ選手であれば全員が打てるようにして欲しいスパイクでもあります。

 

 

セミとは

 

バレーボールにおけるセミとは、スパイクを打つ位置はAクイックと同じ位の位置です。

 

しかし、Aクイックがセッターの上げたボールを上がっている最中に打つのに対して、セミはセッターがトスを上げたボールが頂点に達して落ちてきたボールを打ちます。

 

トスとしては、オープンほど高くは上げないのがコツです。

 

バレーボールでも比較的よく使われるスパイクなので、普段のスパイク練習の時から打っておいた方がよいでしょう。

 

尚、セミクイックはセンタープレイヤーのスパイクに思われるかも知れませんが、レフトの選手もよく使うスパイクです

 

コンビネーションバレーにおいては、非常に重要なスパイクになります。

 

こちらも是非とも覚えておいて欲しいです。

 

 

セミで時間差攻撃が完成

 

バレーボールの選手でなくても観戦したことがある人であれば時間差攻撃という言葉を聞いたことがあるでしょう。

 

時間差攻撃とは、その名の通り時間差で攻撃します。

 

ブロッカーを惑わせるためのスパイクです。

 

時間差攻撃を完成させるには、セミは必要不可欠と言えます。

 

時間差攻撃については、別の記事でありますので、サイト一番上の検索窓から検索して探してみてください。

 

時間差攻撃を簡単に説明すると、センタープレイヤーがAクイックでスパイクに入ります。

 

そして、レフトプレーヤーがセミでスパイクに入るようにしてください。

 

この場合ですと、相手のブロッカーはAクイックでブロックを飛んでしまうと、セミクイックの方に対応が出来ません。

 

これが時間差攻撃の基本です。

 

もちろん、センターがAクイックで入り、ライトプレイヤーがセミで入っても構いません。

 

ただし、この場合は、事前に練習の時に打ち合わせをしておく必要があります。

 

センターがAクイック、レフトとライトがCクイックでは攻撃が被ってしまい同時に入れば選手同士の激突も考えられるわけです。

 

これを回避するために、事前に打ち合わせをしておくようにしてください。

 

ライトプレイヤーはバックセミというスパイクに行くとか、Cクイックで入りレフトがセミで入るなどもよいでしょう。

 

このようにバレーボールではセミが使えるようになれば時間差攻撃が完成します。

 

攻撃の幅も大幅に広がると言ってよいでしょう。

 

近代バレーではコンビネーションプレーが主流です。

 

中学生であっても使っているチームは多いと言えます。

 

セミクイックを使っての時間差攻撃は是非ともマスターしてくださいね。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。