バレーボールのDクイック

バレーボールのDクイックについて

バレーボールにおけるDクイックを紹介します。

 

中学生や高校生でも使っているチームは少ないと言えるでしょう。

 

実際にクイックはA・B・C・Dとありますが、使っている種類はA・B・Cまでです。

 

地区大会で消える位のチームであれば滅多に使いません。

 

というか、Dクイックの練習すらしない場合も多いでしょう。

 

 

Dクイックとは

 

DクイックとはBクイックと同じことをライト側でやるプレーです。

 

セッターはバックトスでDクイックを上げるのが普通と言えるでしょう。

 

この場合だと、セッターの力量も問われるのではないかと思います。

 

センタープレイヤーの攻撃に思っている人も多いのですが、Dクイックというのはライトポジションの選手が使っても問題はありません。

 

それでも、先ほど、お話しした通り、Dクイックまで使っているチームは希と言ってよいでしょう。

 

コンビネーションバレー重視で全てのクイック系のトスとセミなどの時間差を合わせてくるというチームはそれはそれで見てて楽しいかと思います。

 

 

 

意外と使えるDクイック

 

意外と使えるDクイックと言うお話しですが、Dクイックって場合によってはかなり使えます

 

それは、練習しているチームが全然いないと言うことです。

 

つまり、練習もしていなければ対処法も分かっていない所もあるので、ブロッカーが上手く対応出来ない事もあると言えます。

 

このことから、Dクイックと言うのは意外と使えるクイック系の攻撃になる場合もあるということです。

 

それでも練習しているチームは少ないので、休憩時間か早くに練習に行った時にセッターがいれば一緒に練習をしておくとよいでしょう。

 

意表をついた攻撃と言えるのがDクイックになるのかも知れませんね。

 

意外とCクイックを全てやめてDクイックにした方が場合によっては破壊力があるでしょう。

 

尚、スパイク練習の時にいきなりセッターに「Dクイック」と言うと、「???」になる場合もあるので練習したい場合は事前にセッターに伝えておくべきです。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。