バレーボールCクイックのコツ

バレーボールのCクイックのコツ

Cクイックとは

 

バレーボールにおいては、Cクイックというスパイク方法があります。

 

Cクイックとは、どのようなスパイクかと言えばAクイックの反対です。

 

つまり、Aクイックがレフト側に上げるのに対して、Cクイックの場合はライト側にトスを上げます。

 

もちろん、バックトスを使いトスを上げる場合がほとんどです。

 

Aクイック同様に、球が一番最高点に達してから落ちてきたところを打つのではなく、セッターがトスしたボールの上に上がっている最中を打つスパイクになります。

 

主にライトプレイヤーかセンタープレイヤーが打つスパイクになるでしょう。

 

ライトポジションの選手が後衛であればセンタープレイヤーがCクイックに入っていもよいです。

 

ただし、ライトポジションの選手が前衛であればセンターポジションの選手がAクイックで入り、ライトポジションの選手がCクイックで入りWクイックなどを考えた方がよいでしょう。

 

もちろん、チームによってはセンタープレイヤーがCクイックでライトプレイヤーがバックセミで入る時間差攻撃も可能です。

 

それでも、ライトプレイヤーがCクイックを覚えることで攻撃の幅が広がることは間違いないでしょう。

 

ただし、CクイックもAクイックと同様にレシーブがしっかりとセッターに返らないと使えないスパイクでもあります。

 

 

AクイックとCクイックどちらが簡単?

 

AクイックとCクイックでどちらが簡単かですが、右利きであればAクイックの方が簡単ですし、左利きであればCクイックの方が簡単と言えるでしょう。

 

何故、右利きと左利きで打ちやすさが変わるかですが、ボールを打たない方の手を通過するかどうかです。

 

右利きの選手がCクイックを打つ場合ですが、ボールが左手の付近を通過して右手で打たないといけません。

 

このことからタイミングが若干遅くなったりしますし、左手を通過することでタイミングが取りにくいなどの問題もあります。

 

このことから、ライトポジションの選手は左利きが有利とされているのです。

 

もちろん、オープンスパイクなども左利きの場合はライトの方が打ちやすいとされています。

 

 

ライトプレイヤーとCクイック

 

ポジションがライトであればCクイックは覚えて欲しいと思います。

 

クイックと言うのはブロックを引きつける役割があるので、そういう役割を果たすと考えた上でもライトポジションの選手はCクイックを覚えるべきでしょう。

 

ライトのオープンしか打てない選手よりも、Cクイックもこなせた選手の方が重宝されることは間違いありません。

 

ボレーボールにおいては重要です。

 

ちなみに、DクイックというBクイックの逆パターンもありますが、そちらは使っているチームは少ないと言えるでしょう。

 

でも、余裕があるようなチームは使ってみてください。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。