バレーボールのスパイクでのインナー打ち

バレーボールのスパイクのインナー打ちについて

インナー打ちとは

 

バレーボールのスパイクではインナー打ちという物があります。

 

どのようなスパイクかと言うと、レフトからスパイクした場合は、相手のレフト側のコートのアタックライン付近にスパイクを打つことです。

 

非常に角度がついたスパイクなのである程度のジャンプ力などの筋力がないと打つことが出来ないでしょう。

 

打てれば打てたでカッコいいと思いますけどね

 

 

インナーはライトの方が打ちやすい?

 

インナーの打ち方は少し特殊です。

 

普通にジャンプ力などの打点が高く普通のフォームでも打ち込める選手ももちろんいます。

 

しかし、上手く打てない選手も数多くいるわけです。

 

右利きでありレフトからインナーを打つとどうしても、普通のオーソドックスなスイングフォームだと難しいと言えます。

 

逆に、右利きがライトから打つ場合ですと打つ時に右手ネットに近くなるので逆にインナーが打ちやすいと言えるでしょう。

 

もちろん、左利きはレフトの方が打ちやすいと言えます。

 

 

インナーの打ち方のフォーム

 

しかし、割と簡単にインナーが打てる方法があります。

 

それは、基本のフォームとは違いますが、普通助走はレフトであればコートの外から入るはずです。

 

それをコートの内側から外側に向かって助走に入ってください。

 

そして、打つ時に肩を使って手のひらをインナーの方向に向けて打ちます。

 

もちろん、あなたの体の向きはコートの外を向いていて構いません。

 

ちょっと、変則的なフォームですが、これでインナーを打つことは比較的簡単になります。

 

助走の仕方と、スパイクフォームにポイントがあると言うことです。

 

ただし、このインナー打ちの場合だと、どこを狙っているかは助走などからバレバレと言ってよいでしょう。

 

その点が難点かも知れません。

 

 

インナー打ちに必要な事

 

バレーボールのインナー打ちに必要なものですが、やっぱり、ジャンプ力は必要です。

 

インナー打ちと言うのは角度をつけて打つスパイクなので、ネットの上をボールが通過する位置がどうしても低くなってしまいます。

 

そのため、ブロックにつかまってしまうと弱い傾向があるわけです。

 

確かにブロックを避けて打つスパイクとも言えるわけですが、ネット上をボールが通過する部分が低いのでどうしてもジャンプ力や打点の高さが必要と言えるでしょう。

 

ジャンプ力などの基礎体力が高い選手に向いているスパイクです。

 

それでも、高校生以上であれば打てる選手もかなり多くなってきます。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。