バレーボールBクイックのコツ

バレーボールのBクイックのコツ

Bクイックとは

 

バレーボールではBクイックというスパイクがあります。

 

Aクイックというのは、セッターのすぐレフト側で低いボールを打ちますが、Bクイックと言うのは、Aクイックの分だけ開けて低いボールを打ちます

 

基本的にAクイックと同じようにトスしたボールが頂点に達する前に打つようにするのが特徴です。

 

主にセンタープレイヤーのアタック方法になります。

 

 

Aクイックが打てるようになったら、Bクイックも覚えた方が攻撃の幅が広がるはずです。

 

中学生レベルでも地区予選の1回戦を越える様なチームであれば普通にBクイックは使っていると言えるでしょう。

 

 

Bクイックのコツ

 

Aクイック同様に助走を短くして打つのがポイントです。

 

ボールは真下に叩きつけるようにしてください。

 

鋭角を狙って打つのがBクイックの基本と言ってもよいでしょう。

 

尚、Aクイック同様にレフトやライトのスパイカーに楽をさせるための囮という意味合いも強いのが特徴です。

 

簡単に言えば、Bクイックに囮で入って相手のセンタープレイヤーのブロッカーを惹きつける事が出来れば、それだけレフトプレイヤーやライトの選手は楽になります。

 

囮と言うと、引き立て役に感じて嫌な感情を持つ人もいますが、やっぱり、バレーボールはコンビネーションが大事なので囮と言うのは大事です。

 

 

Bクイックの弱点

 

Bクイックの弱点は、Aクイック同様にセッターにきちんとボールが入らないと使えないことでしょう。

 

レシーブがしっかりとしていないチームでないとあまり使えない場合も多いです

 

しかし、セッターの力量はセンタープレイヤーの力量が高ければ多少レシーブがズレても打てます。

 

基本的にBクイックを使うには、レシーブがきちんとセッターの返ることが条件です。

 

 

バレーボールにおけるブロード攻撃

 

高校生でもセンタープレイヤーが強いチームがありますが、そういうチームではブロード攻撃をする場合があります。

 

ブロードと言う意味は英語で、広いとかそういう意味があるわけです。

 

バレーボールにおけるブロード攻撃はBクイックの位置からジャンプしてスパイクを打つのはAクイックの位置で打ったりします。

 

セッターはもちろん、トスはAクイックの位置に上げます。

 

特にセンタープレイヤーがしっかりしているようなチームでは使ってほしいと思います

 

レシーブがしっかりしていて、ある程度の体力があれば技術力はさほどいりません。

 

Bクイックの位置から斜めにジャンプしてAクイックで打つのはブロード攻撃の基本と言ってもよいでしょう。

 

Bクイックもバレーボールでは重要な攻撃パターンなので是非とも覚えておいてください。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。