バレーボールのツーアタックのコツ

バレーボールのツーアタックのコツ

バレーボールにおけるツーアタックのコツなどを紹介します。

 

ツーアタックと言うのは、セッターが打つのが普通です。

 

バレーと言うのは、レシーブ、トス、スパイクの3段攻撃が主流になっています。

 

それを、ツーアタックの場合は、レシーブからいきなりスパイクを打つわけです。

 

つまり、相手の意表を突きコートにボールを落とすことになります。

 

もちろん、セッターはトスを上げる振りをして突然、スパイクを打つわけです。

 

毎回、やっていたらバレバレですが、たまにやると非常に効果的な攻撃方法になります。

 

条件として高めのボールでないと出来ないのが欠点と言えるでしょう。

 

ジャンプトスで上げると見せかけて、相手コートにスパイクを打ちこむからです。

 

スパイクを打ちこまくても、軽く相手コートに落とす程度でも構いません。

 

意表を突くことが大事ということです。

 

ただし、ツーアタックと言ってももちろん、スパイクになるのでセッターが前衛の時でないと使えないことになります。

 

他にも、ネット際でジャンプトスの時にやらないと意味がないでしょう。

 

コートの中央からセッターがトスを上げる時に、突然セッターがツーアタックしてもまずは簡単に取られてしまうはずです。

 

 

ツーアタックは左利きが有利?

 

セッターは左利きの方が有利ということを聞いたことがないでしょうか?

 

実際によく言われることなのですが、セッターは普通はライトに配置されることが多いです。

 

ライトに配置されていれば、右で打とうとすると、左手をボールが通過して右でアタックしなければいけません。

 

しかし、左利きであればダイレクトで打てるために打ちやすいとされているわけです。

 

あと、セッターがライトにいるのであれば、上がってくるボールはレフト方向から上がってくる場合がほとんどです。

 

そのため、左の方が打ちやすいとされています。

 

 

ツーアタックのコツ

 

バレーボールのツーアタックのコツですが、意表を突くことでしょう

 

ツーアタックと言うのは、基本的に意表を突くスパイクです。

 

ボールを打たなくても、相手の意表を突き相手コートの空いている部分に軽く落とすだけでも構いません。

 

無理して打つには、筋力や身長などが非常に求められるので、軽く落とす技術と言うのを覚えた方がよいでしょう。

 

注意しなければいけないのが、相手チームのどこに落とせばスペースが空いているのかをあらかじめ調査しなければいけません。

 

いくら意表をついて、相手のレシーバーの正面にボールを落しても、まず、拾われてしまうからです。

 

そのため、あらかじめ相手チームのフォーメーションを確認しておく必要があります。

 

事前に偵察して調べる必要があるでしょう

 

 

ツーアタックの練習方法

 

ツーアタックの練習方法ですが、難しいところもあります。

 

何故かと言うと、普段の練習にツーアタックを取り入れているチームはほとんどないからです。

 

かといって、自分一人で練習するのも難しいからと言えます。

 

よって、ツーアタックを身に着けたい場合は誰かに手伝ってもらう必要があるでしょう。

 

ネット際に高めのトスを上げて打つ練習です。

 

正直、この練習をするにも珠拾いをしてくれる人やトスをする人ボールを渡す人などが必要と言えます。

 

それでも、毎日、少しずつでもやれば感覚的に覚えてきますので、練習の合間などにやるとよいでしょう。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。