バレーボールのスパイクとフェイントについて

バレーボールのスパイクとフェイントについて

バレーボールのフェイントとは

 

バレーボールのスパイクでは、ただ強く打つだけでなく相手のレシーブ出来ない位置に軽く落とす技も場合によっては有効と言えるでしょう。

 

場合によっては、普通にスパイクを打つよりも有効な時もある位です。

 

特に、中学生や高校生の地区予選のレベル位ですと、相手がフェイントを主体にやっていることは分かっていても、上手く対応出来ないチームもいる位です。

 

流石に、毎回、フェイントしかやらないのであれば別ですが、腕力がなく絶対に取られるようなボールを打つくらいであれば、フェイントを主体にした方が効果的に得点が出来る場合も多いのです。

 

今回はスパイクにどのようにして、フェイントを織り交ぜていくのが効果的なのかやコツなどを紹介します。

 

ちなみに、スパイクの調子がよく打てばどんどん決まるのであれば、無理してフェイントを使う必要はないでしょう。

 

ママさんバレーなどでは、フェイントは超有効な場合も多いのです。

 

 

スパイクの切り札がフェイント?

 

とある全日本クラスの選手のインタビューを見ていて面白いことを言っていました。

 

スパイクにおける切り札は何か?という質問に対して「フェイント」と答える選手が多かったのです。

 

どうしてもスパイクを決めることが出来そうな気がしない場合や、ブロックにシャットアウトされそうな時にフェイントが切り札になると言っていました。

 

しかし、男子のワールドクラスになると、フェイントしてもかなりの割合で敵選手も拾ってくると言えるでしょう。

 

それでも、全日本クラスの選手でもフェイントと言うのは、切り札と考えていてる選手もいることが分かります。

 

 

フェイントのコツ

 

バレーボールのフェイントのコツなのですが、多くの選手が本気で打つ構えを見せてチョンとボールを落すことがコツだといいます。

 

これは確かに一理あります。しかし、問題はフェイントしたボールをどこに落とすか落下点を決めなければいけません。

 

たまに、フェイントしたボールはセッターもしくはライトプレイヤーが取ると言う約束事が決まっている場合があります。

 

これは、バレーボールのフォーメーションによっては、必然とそうなるでしょう。

 

しかし、多くの場合は、相手のスパイクに対するフェイントは守備範囲にある選手がボールを拾うのが普通です。

 

この場合に、穴になりやすいのがコートのど真ん中になります。

 

以外に思うかも知れませんが、スパイクのフェイントで決まりやすいのコートのど真ん中になります。

 

これはやってみれば分かるはずです。

 

レフトからあなたがスパイクを打つとすると、相手の後衛のライトは大概はフェイントに備えて前に詰める事が多いです。

 

そのため、レフトからすぐに後ろにボールを落すとライトに拾われます。

 

相手の後衛のセンターは一番後方にいる場合がほとんどです。

 

そして、後衛のレフトプレイヤーはあなたのレフトからのクロスの長いスパイクに備えることがほとんどでしょう。

 

このポジショニングの関係から、バレーボールのフェイントはコートのど真ん中が有効と言うことです。

 

ブロックをすり抜けてコートに落ちる芸術的なフェイントを身に着けてくださいね。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。