バレーボールのスパイクとアタックの違い

バレーボールのスパイクとアタックの違い

バレーボールのスパイクとアタックの違いを紹介します。

 

スパイクとアタックの違いですが、呼び方が違うだけで内容は同じです。

 

よって、スパイカーというのと、アタッカーも一緒になります。

 

一説によると、アタックは片手で打って攻撃することを指し、スパイクと言うのはフェイントなども織り交ぜて攻撃するという説もあるのです。

 

しかし、これを使い分けているコーチや監督はまずいないでしょう。

 

しかし、チームによってはアタック、スパイクのどちらかで統一しているのが普通です。

 

チームで意思統一のことを考えていればどちらかに統一しましょう。

 

 

ちなみに、バレーボールの攻撃で考えると、スパイクを使うのは「オープンスパイク」があります。

 

中々オープンアタックとは聞いたことがありません。

 

アタックといると、バックアタックがあります。

 

これもバックスパイクと言うのは聞いたことが無いです。

 

速攻などでは、「クイックスパイク」は聞いたことがありますが、「クイックアタック」は聞いたことが無いと言えます。

 

こういうものは、多数決で決まるものではありませんが、多数決ではスパイクに軍配が上がるのではないかと思いました。

 

 

でも、バレーボールではアタックとスパイクは同じものだと思ってください。

 

これに関しては、まめ知識程度でほとんど、どうでもよいことだと言ってもよいでしょう。

 

これが気になりバレーボールの練習に身が入らない人がいるのであれば、役立てば幸いです。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。