バレーボールのスパイクがかぶる

バレーボールのスパイクがかぶる

バレーボールのスパイクで「かぶる」と言われたことがないでしょうか?

 

実際に私は「かぶる」と言われたのですが、最初は意味が分かりませんでした。

 

多くのコーチが説明してくれないので、私がここで「かぶる」について解説いたします・

 

 

スパイクがかぶるとは?

 

バレーボールにおいてスパイクがかぶると言うのは、ボールを打つ時のミートした時の手の場所で決まります。

 

バレーボールのスパイクでは、ボールをミートする場所は頭の少し前当たりの打点の高い場所で打つのが普通です。

 

しかし、「かぶる」と言うのは、ボールをミートする場所が頭の真上よりも後ろだった状態を指します。

 

つまり、頭の後ろでボールをミートするので、本来の体重が乗った威力のあるスパイクが打てません。

 

このスパイクにおいて「かぶる」という状態を改善する必要があるのです。

 

これを調整して治さなければ強打は打てないと考えてください。

 

 

スパイクのかぶるを治すには

 

スパイクのかぶるを治す方法ですが、無駄に力まずにスイングすることが大事です。

 

これだけで治る場合もあります。簡単に言うと、無駄に力強くボールを打とうとするので変な場所でジャンプしたりしてかぶってしまうわけです。

 

これだけで、かぶりを矯正出来ない場合ですが、初歩に帰って練習をする必要があります。

 

まずは、助走のステップをちゃんと覚えてジャンプしてボールを頭の少し前の正しい場所でキャッチすることから始めた方がよいでしょう。

 

スパイクの初期の練習でやった人も多いのではないでしょうか?

 

きちんとボールをミートする場所が体で覚えてきたら、力を抜いて頭の上や後ろでボールを打たないように気を付けてやるようにしてください。

 

肩に力を入れるとどうしてもスイングが遅くなり威力が低下するということも頭に入れておきましょう

 

そして、フォーム重視の打ち方で打つようにしてください。

 

基礎に戻ってやるのが、スパイクでかぶるを矯正するコツです。

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。