バレーボールのAクイックのコツ

バレーボールのAクイックのコツ

バレーボールのおけるAクイックのコツを紹介したいと思います。

 

Aクイックと言うのは、コンビバレーでは非常に重要な役割を果たしているのです。

 

これがあるとないかでは、チームの攻撃に幅が全く違ってきます。

 

オープンスパイクと比べてみると、助走やスイングなども全然違うと言えるでしょう。

 

全てがコンパクトに納めなければいけません。

 

ここでは、Aクイックの基本なども合わせて紹介します。

 

 

Aクイックとは

 

Aクイックとは、主にセンタープレイヤーが行う攻撃です。

 

基本バレーボールでは、身長が高い選手が有利と言えます。

 

特にセンタープレイヤーはブロックの中心選手であることからも、身長が高い選手が行う攻撃という場合が多いです。

 

チームによっては、「速攻」とだけ言って、Aクイックに入る選手もいます。

 

しかし、チームによっては「A」とだけ言って、Aクイックに入る場合もあるのです。

 

これはチームで徹底しておいた方がよいでしょう。

 

ちなみに、「Aクイック」と叫んで、Aクイックに入る選手はほとんどいません。

 

 

Aクイックの欠点

 

Aクイックには欠点があります。それは、ボールがしっかりとセッターに返らないと使えないと言うことです。

 

ネットにギリギリにボールが入らないと使えない攻撃でもあります。

 

レシーブしたボールがネット際のセッターにしっかりと返らないと使えないでしょう。

 

ただし、セッターの力量やアタッカーの力量で若干ネットから外れても使えるチームもあります。

 

Aクイックを使うための絶対条件として、レシーブがしっかりとセッターに返ることが条件です。

 

これは覚えておいてください。

 

 

Aクイックの役割

 

Aクイックの役割を紹介します

 

バレーボールにAクイックが無くなってしまったら、相手のセンターブロッカーはレフトかライトのみをマークしていればいいので大変楽に試合運びが出来るでしょう

 

しかし、Aクイックがあることで、時間差攻撃やレフトへの平行などで攻撃の幅が広がります。

 

他にも、Aクイックは囮の役割もあるので、相手のセンタープレイヤーを引きつけることで味方のレフトまたはライトのスパイクを楽にさせる事が出来るのです。

 

中学生であっても、地区予選の1回戦を突破したければ、Aクイックは必須でしょう。

 

 

Aクイックのコツ

 

Aクイックのコツですが、どちらかと言えばタイミングで打つスパイクと言えるでしょう。

 

コツとしては、助走は短くスパイクは鋭角に下に落とすことです。

 

基本的に鋭角に落とすのでネットにボールが近すぎたりタイミングを読まれるとブロックにシャットアウトされます。

 

もちろん、鋭角に落とすので、タイミングよく完璧にブロックされると鋭角にボールが返ってくるので味方は中々拾うことが出来ません。

 

それでも、そういうスパイクなのでセッターの力量なども問われることになるでしょう。

 

ある程度、自分でどの位置に鋭角に落とすのか?などを考えて試合中でも修正していくことも大事です。

 

それでも、センタープレイヤーであれば必ずマスターして欲しいのがAクイックです。

 

クイック系の攻撃は多数ありますが、最も基本的なスパイクと言えるでしょう

 


 

バレーボールが基礎から上手くなる方法を知りたい

バレーボールで苦手な練習がある

もっと上のレベルのプレイヤーになりたい

その様な方はこちらをおススメします。

東京バレーボールアカデミーの練習方法です。

当サイトでも、お勧めしているバレーボールの練習方法となります。

お勧めバレー講座はこちらから

※↑全額返金保証と当サイト限定特典をお付けします。