バレーボールのスパイク

バレーボールのスパイク練習について

バレーボールのスパイクについて解説いたします。

 

バレーボールの花形と言えば、スパイクだと言ってもよいでしょう。

 

地味なレシーブ練習などに比べてスパイク練習が好きな方も多いかと思います。

 

どうすればスパイクが上手くなるのか、解説します。

 

その他にも、スパイクの種類など、知識なども向上にも役立てば幸いです。

 

バレーボールのスパイク記事一覧

バレーボールのスパイクの種類

バレーボールにおけるスパイクの種類ですが、オープン系とクイック系、バックアタックの3種類に分かれるはずです。その他にも、プロになると特殊な攻撃をしたりもするわけです。しかし、まずは3種類の攻撃パターンを覚えるようにしてください。オープン系のスパイクオープン系のスパイと言うのは、高いボールでレフトまた...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイクフォーム

バレーボールではスパイクのフォームがあります。もちろん、どんなスイングでもいいので、打てばいいと言うものではありません。正確に言えば、どんな風に打ってもスパイクが決まれば良いのですが、フォームによっては肩に負担がかかり壊れてしまったり、体重が乗らない。手打ちになっているなどもあるのです。他にも、力み...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイクオープンについて

バレーボールではオープンスパイクはもっともよく使われる攻撃パターンではないかと思います。オープンとは、レフトやライトにいるアタッカーに山なりのボールを上げて打つスパイクのことですクイック系のスパイクや平行系のスパイクはボールがしっかりとセッターに返らないと使うことが出来ません。しかし、オープン系のス...

≫続きを読む

 

バレーボールのAクイックのコツ

バレーボールのおけるAクイックのコツを紹介したいと思います。Aクイックと言うのは、コンビバレーでは非常に重要な役割を果たしているのです。これがあるとないかでは、チームの攻撃に幅が全く違ってきます。オープンスパイクと比べてみると、助走やスイングなども全然違うと言えるでしょう。全てがコンパクトに納めなけ...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイクがかぶる

バレーボールのスパイクで「かぶる」と言われたことがないでしょうか?実際に私は「かぶる」と言われたのですが、最初は意味が分かりませんでした。多くのコーチが説明してくれないので、私がここで「かぶる」について解説いたします・スパイクがかぶるとは?バレーボールにおいてスパイクがかぶると言うのは、ボールを打つ...

≫続きを読む

 

バレーボールのクイックの種類

バレーボールでは、様々なクイックがあります。どのようなクイック系の種類があるのか簡単に紹介します。クイックの種類ごとの解説は別記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。主にセンタープレイヤーが使う攻撃でもあります。センタープレイヤーであれば少なくともAクイックだけでも覚えて貰いたいです。Aクイッ...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイクとアタックの違い

バレーボールのスパイクとアタックの違いを紹介します。スパイクとアタックの違いですが、呼び方が違うだけで内容は同じです。よって、スパイカーというのと、アタッカーも一緒になります。一説によると、アタックは片手で打って攻撃することを指し、スパイクと言うのはフェイントなども織り交ぜて攻撃するという説もあるの...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイクとフェイントについて

バレーボールのフェイントとはバレーボールのスパイクでは、ただ強く打つだけでなく相手のレシーブ出来ない位置に軽く落とす技も場合によっては有効と言えるでしょう。場合によっては、普通にスパイクを打つよりも有効な時もある位です。特に、中学生や高校生の地区予選のレベル位ですと、相手がフェイントを主体にやってい...

≫続きを読む

 

ナイアガラアタックは使えない

昔のバレーボール漫画で健太やります、というものがありました。そして、主人公のチームの最大のライバルは誠陵高校というチームだったのですが、そのチームが使ってきた必殺スパイクがナイアガラスパイクです。ちなみに、ナイアガラアタックを使ってきた誠陵の島村選手は将来日本代表入りを期待されていた選手となります。...

≫続きを読む

 

バレーボールのツーアタックのコツ

バレーボールにおけるツーアタックのコツなどを紹介します。ツーアタックと言うのは、セッターが打つのが普通です。バレーと言うのは、レシーブ、トス、スパイクの3段攻撃が主流になっています。それを、ツーアタックの場合は、レシーブからいきなりスパイクを打つわけです。つまり、相手の意表を突きコートにボールを落と...

≫続きを読む

 

バレーボールBクイックのコツ

BクイックとはバレーボールではBクイックというスパイクがあります。Aクイックというのは、セッターのすぐレフト側で低いボールを打ちますが、Bクイックと言うのは、Aクイックの分だけ開けて低いボールを打ちます基本的にAクイックと同じようにトスしたボールが頂点に達する前に打つようにするのが特徴です。主にセン...

≫続きを読む

 

バレーボールのブロード攻撃の打ち方のコツ

ブロード攻撃とはブロード攻撃の打ち方のコツですが、体力があることです。普通ブロード攻撃と言うのはセンタープレイヤーがライトの方に走っていき低いボールを打つ攻撃を言います。ブロードと言うのは、広いという意味があり攻撃の範囲が広いことからブロード攻撃と言われているのではないかと思われます。場合によっては...

≫続きを読む

 

バレーボールのセンターのスパイク

バレーボールにおけるセンタープレイヤーのスパイクについて考えてみましょう。ポジション決めなども考慮して考えてみます。センタープレイヤーのスパイクと言うとクイック系がほとんどと言ってよいでしょう。AクイックとBクイックがほとんどと言えます。BクイックやDクイックは基本的にライトが担当していることが多い...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイクでのインナー打ち

インナー打ちとはバレーボールのスパイクではインナー打ちという物があります。どのようなスパイクかと言うと、レフトからスパイクした場合は、相手のレフト側のコートのアタックライン付近にスパイクを打つことです。非常に角度がついたスパイクなのである程度のジャンプ力などの筋力がないと打つことが出来ないでしょう。...

≫続きを読む

 

バレーボールCクイックのコツ

Cクイックとはバレーボールにおいては、Cクイックというスパイク方法があります。Cクイックとは、どのようなスパイクかと言えばAクイックの反対です。つまり、Aクイックがレフト側に上げるのに対して、Cクイックの場合はライト側にトスを上げます。もちろん、バックトスを使いトスを上げる場合がほとんどです。Aクイ...

≫続きを読む

 

バレーボールのダブルクイック

ダブルクイックとはバレーボールではダブルクイックと言う言葉を聞いたことがないでしょうか?ちなみに、文字にするとWクイックと標記されることもあります。名前にクイックがついているので、クイック系のスパイクだと言うことは分かるのではないでしょうか?二人の選手が同時にクイックのスパイクの動作に入ることを言い...

≫続きを読む

 

バレーボールのDクイック

バレーボールにおけるDクイックを紹介します。中学生や高校生でも使っているチームは少ないと言えるでしょう。実際にクイックはA・B・C・Dとありますが、使っている種類はA・B・Cまでです。地区大会で消える位のチームであれば滅多に使いません。というか、Dクイックの練習すらしない場合も多いでしょう。Dクイッ...

≫続きを読む

 

バレーボールのセミクイック

バレーボールのスパイクではセミクイックと呼ばれるものがあります。多くの場合が、セミクイックではなく略して「セミ」と呼ばれることがほとんどです。バレーボール用語なので、初めて聞く人は意味が分からないと思います。しかし、よく使う攻撃パターンなので覚えておいてください。セミクイックはスパイクを打つ選手であ...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイク練習のやり方

バレーボールにおけるスパイク練習のやり方を紹介します。もちろん、普通のスパイク練習のやり方とハードなスパイク練習のやり方を紹介します。ちなみに、普通のスパイク練習は好きな人が多くても、ハードなスパイク練習は嫌いな人も多いでしょうある意味、ワンマン状態とも言えます。普通のスパイク練習普通のスパイク練習...

≫続きを読む

 

バレーボールのバックセミ

バレーボールと言うのは、バックセミという攻撃パターンがあります。勘がいい人であればお気づきかと思いますが、ライト側でセミクイックを打つスパイクです。Cクイックの位置でセミクイックを打つことをバックセミと呼びます。バレー部じゃない人は聞いたことも無いかも知れませんが、中学生などでもよく使われるスパイク...

≫続きを読む

 

バレーボールの時間差攻撃について

バレーボールにおける時間差攻撃とは現在のバレーボールはコンビネーションバレーが主流です。初期のバレーボールでは、セッターが山なりのオープントスを上げてスパイカーが打つだけでした。しかし、それだと相手のブロックが2枚ないし、3枚が確実についてしまいます。そこで開発されたのが時間差攻撃でした。ブロックを...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイクのスイングスピードを上げるには?

バレーボールでは強力なスパイクは打てた方がもちろんよいでしょう。しかし、強力なスパイクを打つには、強力なスイングが必要です強力なスイングをするために、必要なのはスイングスピードになりますちょっと、まどろっこしい説明になりましたが、バレーボールで強力なスパイクを打つにはスイングスピードを上げることが大...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイクのサインについて

バレーボールではサインが必要です。サインと言っても、ファンに書いてあげるサインではなく、どのスパイクを打つかのサインのことになります。特に相手チームがサーブを打ってきてサーブレシーブする時は必ずサインが必要です。ここで言うサインと言うのは、どの選手がどのスパイクに入るかをセッターが指示したり、スパイ...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイクで打点が低い

バレーボールのスパイクにおいて打点が低い問題があります。打点が低いと何故いけないのかも解説したいと思いました。ちなみに、打点を低くするとメリットもあります。メリットもデメリットも紹介していきます。スパイクの打点が低いメリット多くのバレーボール指導者が打点が低いメリットを教えてくれません。ただ単に打点...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイク時に肘が下がる問題について

バレーボールのスパイクの時に肘が下がる問題があります。肘が下がると、打点が低くなるので、人によってはボールがネットを越えないなどの問題もあるはずです。しかし、中々矯正出来ないことで悩んでいる人も多いと言えます。打点が低いとブロックにつかまりやすくなるので、矯正した方がよいでしょう。スパイク時に肘が下...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイクの角度

バレーボールのスパイクで角度についてお教えいたします。角度と言うと、どの方向に打つのか?と考える人もいますが、ここではコートの遠いところを狙うのか、下の方に落とすスパイクを打つのかを紹介します。バレーボールのスパイクを考えると、クイック系とオープン系に別れるのが普通です。そのチーム独自の特殊攻撃を採...

≫続きを読む